トップ

アライの作業風景(牛尾)

アライで手がけているリフォーム風景や日々の出来事を現場担当者の牛尾がレポートします!

K様邸・・・外壁塗装工事完了

image お疲れ様です。屋根及び外壁の塗装工事と言う流れで始まった現場ですが、重大な漏水を発見したことにより、急きょ屋根の葺き替え工事に段取り替えとなり、工程が延びてしまいましたが、何とか完了です。破風と雨樋を、親方が仕上げてくれています。

image 一番最後の工程、下屋の瓦屋根の塗装です。一枚、一枚、刷毛とローラーで塗装します。

image 瓦屋根の塗装完成です。後は、職人さんと塗り忘れや汚れが無いかを点検して回ります。

image 漏水が一番ひどかった北側の2階の写真です。軒天も貼り替えたので、きれいに仕上がりました。真ん中に、換気口も新設しました。当初の工程より、約1ヶ月延びてしまいましたが、屋根の漏水が発見出来て良かったです。後は、足場の解体です。

Y様邸・・・浴室リフォーム開始

image お疲れ様です。昨日から、Y様邸の浴室リフォーム工事に着工です。車両の置場も限られているため、トラックを別の場所に駐車させて、解体廃材を小運搬しながらの作業となります。

image 新しく設置するユニットバスの設置寸法を確保する為、洗面室側の壁を薄くします。既存の土台や間柱を入替えします。

image 解体作業に、丸々、二日間掛かりましが、何とか、生コンを打設し工程を順守です。明日は、一日、養生です。

K様邸・・・屋根葺き替え工事 完!!

image お疲れ様です。朝は、微妙な天気でしたがお昼から、天気が良くなって助かりました。昨日の、引き続きです。下から、上へ屋根材を貼ります。

image 反対側も別の職人さんが、貼ります。長辺方向は、お互いが上まで貼りあがったら、場所を移動します。

image 今回は、通気を考えて棟の換気口を設置しました。これで、屋根の通気が良くなり、今までの様に湿気が滞留する事はありません。次は、大工さんが、軒天に換気口を取り付けてくれます。

K様邸・・・突発、屋根葺き替え工事

image お疲れ様です。今日は、待ちに待った、屋根の葺き替え工事です。軒天の補修工事で見つかった、漏水の対応工事です。軒天から除くと、明らかに水が廻っている気配。。今日は、屋根材を撤去して、上から確認します。

image 本日の作業員の人数・・・私を含めて8名!!解体作業を板金屋さん&大工さん、産廃荷卸し積み込みに、産廃屋さん・・・道幅が狭い為、パワープレイです。

image 出てきました。防水シートの下から・・・ベニヤが波を打っています。釘もスカスカ(汗)下地の意味をなしていません。

image 白カビで、真っ白・・・どうやら、漏水だけでは無く、通気が悪い為、湿気が滞留したのも原因の一つだと分かりました。

image 断熱材も撤去。天気も良く適度な風もある為、少しの間、乾燥させます。

image 新に、野地板を貼り替えます。

image 新しい、防水シートを貼り込みます。今夜は、どうやら雨。みんなでラストスパートです。明日から、ガルバニウム鋼板を貼り込んでいきます。

H様邸・・・洋室・洗面室クロス貼り替え工事

image お疲れ様です。日中、だんだんと暖かくなってきたので、桜のつぼみが多くなってきました。お花見のシーズン到来・・・毎年、運転しながらの花見の様な気がしますが。昨日、今日と洋室・洗面室のクロスの貼り替えをやっています。

image 洗面室の様子です。下地も比較的、きれいですのでパテ処理はそこそこ。渇きも早いです。

image 白から白のクロスですので、貼り替えた様子が、写真だと非常に分かりづらいですね。若干、部屋全体の明るさが違います。洋室6帖で一日、洗面室で半日ちょっと。洗面室は面積が小さい割に、洗面室は何気に時間が掛かります。

K様邸・・・外構工事&現調

image お疲れ様です。会社の先輩おすすめの、花粉症の飲み薬の効果てき面!!雨上がりの今日も、全然、症状が出ない!!過ごしやすい一日でした。現場は、駐車場のフェンスと門柱・門扉の撤去です。

image 化粧ブロックを一列で積んでいるだけですので、比較的、容易に壊れます。

image ちょっと深めに掘削したので、厚めのコンクリート補修です。踏まれない様に、今日、一日、カラーコーン養生です。

K様邸・・・外装リフォーム工事④

image お疲れ様です。今日は、軒天の腐食部分の貼り替えの為、大工工事になります。事前に打ち合わせをしていた部分の撤去から・・・

image 現調時から、塗装が不思議な剥がれかたをしているなと感じていましたが・・・表面がかなり湿っています。

image 写真では分かりづらいですが・・・野地板から垂木など広範囲に渡って、濡れています。この晴天続きなのに。赤サビが発生している状況から推測すると、かなりの時間が経過していると思われます。

image だまって塞ぐ事は出来ませんので、作業をいったん中止して、お客様にご報告。構造まで濡れている状況ですので、時間が許す限り乾燥の為、開けっ放しにします。屋根塗装では、納まりが付きません。こうなっては、屋根の葺き替えしか方法がございません。

K様邸・・・外装リフォーム工事③

image お疲れ様です。昨日に比べたら、薬の効果のせいかずいぶんと楽な一日でした。今日は塗装工事の下準備。サビ止めやシーラーという下地材を入れたり、養生をします。

image 白い部分は屋根の棟板金です。サビ止め塗布後ですね。真ん中に黒い物体!!タスペーサーです。塗装する事によって、コロニアル(屋根材)が圧着しない様に、入れます。

image 既存の状態でも十分、クリアランスがありますが、念の為。

image その上で、コロニアルにシーラーを塗布。屋根の塗装の準備完了です。

K様邸・・・外装リフォーム工事②

image お疲れ様です。雨が上がった後の空気・・・花粉がいっぱい舞ってる!!非常にツライ・・・。今日から塗装業者さんの乗り込みです。水洗い・・・屋根から順番に高圧洗浄で洗っていきます。

image 大屋根と違い、下屋はU瓦。一枚、一枚念入りに洗浄。

image 大屋根の洗浄後です。黄色い苔が落ちました。洗浄するだけでもずいぶんと違います。明日は、塗装の準備です。

K様邸・・・外装塗装工事スタート

image お疲れ様です。雨なのに目がかゆい&鼻づまり(泣)本当にこの時期はツライです。さて、今日から、屋根&外壁の塗装工事の始まりです。今日は、あいにくの天気でしたが、職人さんはカッパを着こんで、作業開始。ありがたいです。

image 足場が上に上がるにつれ、足元も滑りやすく危険ですが、職人さん・・・慣れたものです。あっと言う間に、組みあがりました。養生シートを貼って完了です。

image いつも、きれいな足場を組んで頂き感謝です。明日から、塗装業者さんです。まずは水洗いからです。

M様邸・・・外壁塗装工事完成

image お疲れ様です。二日ほど、ブログをさぼってしまいました。アカンって感じです。今日は、やっと足場の解体です。後半、雨で作業が中止した事がありましたが、何とか工程表通りです。写真は、スズメさんの隠れ家を撤去し、穴埋めしたところです。どうやら、近隣の屋根にお引越し済みの様でしたが、また、越して来られても・・・埋めてしまいした!

image こちら施工前・・・

image これが施工完了!!天気の具合が違うので、写真の見え方が違いますが、白がきれいに映えてます。ありがとうございました。

M様邸・・・外壁塗装工事&現場調査

image お疲れ様です。一気に春が遠のいた一日でした。外作業・・・ツライ(泣)職人さんが一番大変ですが!今日は、昨日の雨で流れてしまった為、仕上げ塗装の続きです。

image 玄関上部のキリ除け、雨樋・・・どんどん仕上がってきました。

image ここ最近、外装リフォームの現場調査が多いです。今回の調査は、屋根のリフォーム。下から見ても、コロニアルの劣化がひどいです。改めて、板金屋の親方と現調です。

M様邸・・・外壁塗装工事⑥

image お疲れ様です。先週の土曜日の工事報告です。サッシ工事が終わった、北側の外壁を中心に仕上げました。

image モルタル部分も一度仕上げましたが、ツヤが無いので、やり直します。この段階になると、細かい部分をチェックしながら、進めていきます。色の間違いや勘違いが無いかなど、改めて、仕様書を確認。お互いに確認をして施工を進めます。残りは、鉄部だけです。

M様邸・・・外壁塗装工事⑤

image お疲れ様です。今日はいよいよ仕上げ工程に入ります。下地色(シーラー)も白、中塗り色(仕上げ材)も白ですので、ちょっと、写真では分かりずらいですよね。写真は、前日に中塗りが終わった部分です。

image 写真は、施工前です。施工後、上塗りが完了すると・・・

image ちょっと、逆方向からですが・・・明らかに違いますね。徐々に、変わりつつあります。足場の解体が待ち遠しいです。

M様邸・・・外壁塗装工事④

image お疲れ様です。今日から壁を中心に仕上げていきます。昨日は、急に雲行きが怪しくなり、雨が突然・・・塗装に雨は天敵です。

image 写真は、下塗りの状況です。少々、分かりづらいですが・・・さらに、この後中塗り、上塗りの2工程を行います。白の濃さがより深みを増します。もう少しで完成です。

M様邸・・・外壁塗装工事③

image お疲れ様です。昨日、サッシ交換が完了したので、塗装工事の再開です。養生が中心の作業です。

image 塗装を先行で作業を進めていきたかったのですが、やはり、養生の関係や上下作業になりやすいので、昨日は作業をストップせざるを得ませんでした。今日は、問題が無いので、軒天を仕上げていきます。

image 見違える様に綺麗になりました。輝きが違います。今回は、白を基調としてますので、仕上がりが楽しみです。

M様邸・・・外壁塗装工事(サッシ交換)

image 予定していた塗装工事は急きょ中止。木製建具の交換工事・・・突発です。突発と言う事で、営業担当者に思いっきり甘えてしまいました。お蔭様で、朝からスムーズでした。一日、様子を伺いながら、別の現場と行ったり来たり・・・。

image いつの間にか、取付け完了しておりました。細かい部品がまだ付いていないので、明日、引き続きの作業です。

F様邸・・・在来風呂リフォーム完成!!

image 雨の為、塗装工事は中止の為、先週の土曜日に完成したF様邸の件です。完成間近で、タイルの仕様変更?などで、ちょっとペースダウンしましたが、何とかお約束の工期内でお引き渡しが出来ました。

image 今回、使用した材料ですが・・・天井・壁共にフクビ製、バスパネル。床材は東リ製、バスナフローレ。浴槽は、TOTO製ネオマーブバス。タイルは名古屋モザイク製のタイルでした。浴室の形が、多角形の為、各材料の加工に手間が掛かりましたが、仕上がりも良くやっと安心出来ました。かなり気を揉んだ現場でした。協力業者の皆様、ありがとうございました。

M様邸・・・外壁塗装工事②

image お疲れ様です。朝から、花粉MAXでツライ一日でした。今日は、サビ止め塗装と養生です。昨日、雨の中、高圧洗浄したので、朝一番は、湿っぽいですね。現調の時に気が付いたスズメの巣・・・軒先の隙間に、やはり巣を作っていました。針金かと思いきや、全部、糸でした。よく集めましたね。

image 塗膜が剥がれて、もう、ボロボロです。ケレンしながらの塗装になります。

image つなぎ目部分や、壁際などを刷毛で・・・後はローラーを転がします。

image サビ止め、完了。今回、白のサビ止めを使っているのは、仕上げ塗料の関係で、白を使っています。みなさんが良く目にするのは、赤いサビ止めじゃないでしょうか?明日も引き続き、同じ作業です。

M様邸・・・外壁塗装工事①

お疲れ様です。今日から、塗装屋さんの乗り込みです。あいにくの天気が、今日ばかりは、実はラッキーなんです。今日は、高圧洗浄機を使用して、屋根・外壁を洗う工程ですので、周りに水が飛散してもクレームが来ないのです。雨だと洗濯物も干されない、窓も開かないですから、余計な心配をしないで済みます。だから、ラッキーなんです。ただ、職人さんはズブ濡れですが・・・。ただ、足元が滑りやすい上、長靴を履いての作業ですから、災害の心配はあります。。何事もなく、終わったのでホッと一安心。明日から、養生&サビ止め塗装です。 image

F様邸・・・洗面室クロス貼り替え

image 本日、2件目!!現場が重なっていますので、行ったり来たり。近くで助かってます。

F様邸・・・洗面室クロス貼り替え

image 本日、2件目です。現場が重なっているので、行ったり来たり・・・近場で助かってます。今日は、先行して洗面室のクロスの貼り替えです。洗面室も多角形です。

image 現場を行き来している間に、終わっていた様です。。明日は、浴室の床貼りです。

本日も朝から大忙し!!

image お疲れ様です。気が付けばもう3月・・・早い。あっと言う間の2月でした。忙しかったかなぁと振り返っている余裕もなく、ちょっと早めの出勤で、2件の段取り。本日は、外壁塗装現場の足場組立と洗面化粧台の入替えです。最初は、足場の現場。工事車両の駐車場所や細かい注意事項を打ち合わせ!!

image 足場の職人さんが、段取りしている間に次の現場!車をトラックに変えて、洗面化粧台の運搬(汗)朝から、・・・重い。定刻通り到着し、ご挨拶もそこそこで、早速、作業。

image ちょっと、余計な作業が発生した割に、何とか午前中に完成。急いで、足場の現場に戻ります。

image 私が不在の間に、かなり進んでいました。もう、1段上に足場が出来たら、点検&確認。足場職人の感覚と塗装業者の感覚の違いで、欲しい作業床の高さが若干違うので、実際に登って確認をします。最後に、昇降の位置を打ち合わせ。

image 完成です。今回は、サッシ工事も入りますので、空いたスペースを利用して、ステップ階段を設置。いつも、作業しやすい足場の提供、ありがとうございます。明日は、雨予報ですが・・・水洗い!!

朝からドタバタ

image お疲れ様です。今日は、現場が2件&現調と朝からあっち行って、こっち行ってとドタバタな一日でした。現場は、事前に調整して工事日を決定するのですが、現調はこの日だったらと予測して予定を組んでいるのですが・・・そんな日に限って、何かがコケる(汗)一度、躓くともうアカンってなります。そして、ドタバタな一日になってしまう。ですが、筆者ももう中年(笑)空を見上げて一回、深呼吸。現場近くの植樹を眺めれば、落ち着くってもんです。そんな、今日、一日でした。

F様邸・・・在来風呂リフォーム工事(タイル工事③)

image 今日は、なんだか曇り空のせいか、冷え切っていて寒かったですね。今日は、土曜日の続きでタイル工事です。枚数的には少ないのですが・・・多角形の為、加工が多くて大変です。

image 一生懸命、設備屋さんが浴槽水栓の高さを修正中。打ち合わせミスでした。

image もうすぐで、完成です。

F様邸・・・在来風呂リフォーム工事(タイル工事②)

image 朝から今日は、いつになく暖かい一日でした。花粉の量は、MAXで最悪でしたが・・・目がかゆい。今日は、昨日に続いてタイル仕上げです。基準となる部分から、貼り始めます。

image 途中経過です。壁、先行で貼っていきます。白く十字になっているものが刺さっていますが、目地の寸法をキープする為の定規の様なものです。だんだん仕上がってきました。月曜日も引き続きタイル貼りです。

F様邸・・・在来風呂リフォーム工事(タイル工事編)

image お疲れ様です。ここのところ、寒暖の差に体が付いていかないです。花粉症のせいもあるのかも知れませんが・・・。早く、花粉シーズンが終わって欲しい今日この頃です。今日から、タイル工事に入ります。大工工事の時にも記載しましたが、多角形で角度も様々ですので、割り付けも大変です。最初に、風呂釜の設置です。

今回は、ジェットバス仕様!!先行で、設備配管を行います。

image ジェットバスの本体です。給湯器から来ている、追い炊き管の穴を利用して、浴室内と結びます。

image 浴槽の廻りの壁を先に、モルタルで下地を作ります。だんだん、それらしくなってきました。

image コンクリートブロックで、カウンターの形を作ります。最後に、土間をモルタルで下地調整。明日から、タイル仕上げです。

F様邸・・・在来風呂リフォーム工事(大工工事編②)

image お疲れ様です。昨日に引き続き、バスパネル貼り工事です。今日のメインは、壁です。昨日、撮影を忘れてしまった天井の工事後からご紹介です。緑のマスキングテープは、後から施工する電気屋さんに、下地の位置を知らせる為に貼ってあります。

image 作業手順は、壁のジョイント部分にモールを貼りつけます。多角形でそれぞれ角度が違う壁ですので、大変です。

image この2面ですでにお昼・・・大工さんは、今日も昼休憩なしで夢中です。と言うのも、先がまたく読めないぐらい手間が掛かるそうです。

image 私も参戦して、何とか3面完了。天井と目地も合っていてきれいに仕上がってきました。

image 残りの2面&窓枠加工・取付が終わったと思ったら、外は真っ暗・・・今日もすみません、残業です。後、少しで大工工事が終わります。作業工程では、一日余裕を見ていましたが、中途半端に残したくないと言う事で、作業続行です。

image 残っていたのは、浴室入口の建具廻りの樹脂枠取付けでした。昨日から、段取りを進めていたので、割と短時間で完成。さすがです。おかげさまで、工程に余裕が出来ました。いつも、ありがとうございます。明日は、電気工事です。

F様邸・・・在来風呂リフォーム工事(大工工事編)

image 今日は、北風のせいか非常に冷えました。さっさぶい!!気温がコロコロ変わるので、体調管理に気が抜けません。いよいよ作業工程は、本格的に在来風呂の築造に入ります。大工さんに、仕上げ材の『バスパネル』を天井・壁に貼ってもらいます。加工場をセットして、スタートです。

image 貼り始めにかなり手間取りました。浴室が、四角形ではなく、角度が様々な多角形の為、仕上げ材の目地を計算しながらの加工。非常に、手間が掛かります。仕上げ材ですので、一発勝負。

image この時点で、お昼です。中々、進みません。途中、換気乾燥暖房機と点検口の取付け位置を、お客様と打ち合わせをしたので、さらに、時間が経過。前述した様に、失敗しない様に、細心の注意を払います。・・・実は、ここから先、工事写真を撮影する事を忘れて、大工さんの手元になっていました。明日、また、続きをご報告したいと思います。

F様邸・・・ウレタン防水工事

image お疲れ様です。今日は、予報通り南風が強かったですね。強すぎです。幸か不幸か、足場を建てている現場が無くて、一安心。先週の金曜日に、大工さんに防水工事前の下準備をしてもらったので、土曜日にウレタン防水を施工しました。本来、1階にあり、四方を基礎で囲われていますので、必要としませんが念のため…。風呂釜が設置される箇所を、念入りにウレタン防水実施。そして、今日は明日の作業&3月の施工予定の現場の段取り。段取りミスが無いか、要チェックです。

F様邸・・・下地工事(大工さん)

image お疲れ様です。今年もついにやってきました(泣)花粉・・・寝起きで、既に目はかゆい、鼻が詰まるのダブルパンチで最悪です。今日は、防水工事前の下地工事です。特に、ドア下の腐ってる部分・・・補修します。

image 新しいドアとドア枠の寸法を計算しながら、大工さんが補修をしていきます。今度は、水が廻らない様に、防水を施すのでその下地も作ります。

image もともとの、天井の下地も補強します。新しい、仕上げ材のピッチも計算に入れながら、補強。

image 下地工事完了。防水シートの上に今度は、バスパネルを貼ります。黒い部分から下が、タイル貼りです。明日は、防水工事になります。

F様邸・・・在来風呂リフレッシュ工事(解体工事編)

image お疲れ様です。在来風呂リフレッシュ工事3日目!!解体工事の最終日です。土間コンクリートを打つ前に、事前段取りとして、電気工事と設備工事が入ります。電気工事は、照明や換気扇の電源の配線。設備工事は、給排水の切り廻しとなります。

image コンクリートは、基準の配合にしたがって現場打ちです。いわゆる手練り。作業スペースを確保して、いざ、開始。

image 今回のお風呂は、風呂釜と排水管を直結するタイプではないので、土間の勾配をしっかり確保して、打設します。今回の工事の肝になります。

image 打設、完了。。養生期間を設けて、大工さんによる下地組に入ります。今週は、防水工事まで予定しています。

F様邸・・・在来風呂リフレッシュ工事

image お疲れ様です。昨日に引き続き、解体工事です。今日は、現場あるあるなお話しですが・・・ちょっと、やりすぎ?かもです。

image 現場あるあると言うか、リフォームあるあるかも知れませんが、解体中にビックリさせられる事は、大なり小なり結構あります。今日のは、普通にあり得ないレベルでしたので、写真付きでご紹介致します。お分かりになりますか?既設風呂釜を取り出す為に、廻りを掘削すると・・・出てくる出てくる磁器タイル!!形も様々。

image なんと、これだけの量が埋設されていました。だいたい、掘削すると少量のゴミが出てくるのは予想していますが、今回のは・・・普通にあり得ません。同じ業界の者として恥ずかしい限りです。

image 埋設されたタイルの量にビックリしましたが、何とか今日の目標は達成しました。明日は、設備業者さんに、給排水の切り廻しをして頂き、土間コン打設です。

F様邸・・・在来風呂リフレッシュ工事開始

image お疲れ様です。今日から、在来風呂リフレッシュ工事開始です。在来から在来・・・中々、珍しいですよね。浴室が多角形の為、ユニットバスに変えられない為、在来風呂のリフォームとなりました。朝一番、全員で一斉に養生です。一足早く、営業担当の杉田さんが玄関までのアプローチを養生してくれました。

image 玄関から廊下までキッチリ養生をします。後々の清掃を考慮して、養生シートの重ね貼り。

image いよいよ、解体開始です。養生に時間が掛かりましたが、やはり、養生に手は抜けません。

image 天井を先に解体します。次に壁のタイルの撤去・・・

image 磁器タイルと下地モルタルを丁寧に撤去します。これを、無理やり壊すと・・・隣り合わせの壁を傷つけ兼ねません。浴槽も徐々に姿を現してきました。明日も引き続き、解体作業です。

O様邸・・・施工完了

image お疲れ様です。朝は、お日様も出て気持ちの良いスタートでしたが・・・雪?と思っていたら、結構、降りましたね。寒いはずです。今日は、最終日!!畳の入替えです。

image 当然、事前に採寸が終わっているので、ピッタリ納まります。畳の縁(ヘリ)が白系ですので、イメージがまた違いますよね。ちゃんと、国産物です。生産者の顔がプリントされたハガキやバーコードのタグ付です。偽物が出回っているので、安心です。

image 家具を戻して、完成~!!工期は、5日間でした。ありがとうございました。

O様邸・・・仕上げ工事

image ここのところ、日中はお日様が当たるところにいると、暖かくて気持ちが良いのですが、お昼を過ぎてくると北風が強くて、すごく寒いですね。現場は、お日様がかすめるので、一日中、寒いですが・・・そんな今日は、水仕事です。クロスの貼り替え・・・何気に水を良く使う仕事です。

image クロスの貼り替えだけですので、クロス屋さんに現場をお任せして、事務作業をする為、事務所と現場を行ったり来たりをしていたら、いつの間にか、完成~(汗)前日に、クロスの見本帳をベースに塗装色を調色して貰ったので、クロスとの色合わせもバッチリでした。明日は、現場はお休み。明後日、畳とエアコンを復旧したら完成です。

なぜか、バタバタな一日

image お疲れ様です。いつもより、1時間早めの出社でしたので、ひんやりとした朝でした。カバンを持つ手がかじかむ!!時間にゆとりを持って、始まった一日のはずが・・・細かい段取りミスで、バタバタでした。トイレ交換だけのつもりで向かった現場で、水栓の交換があったり、塗装の色を細かく決めていなかったせいで、材料がなかったり・・・あきらかに凡ミスです。何に慌てていたのでしょうか??そんな、反省の一日でした。O様邸の塗装工事は、何とか完了しました。明日は、クロスです。

O様邸・・・和室リフレッシュ工事開始

image お疲れ様です。今日は、朝からポカポカ陽気で気持ちが良いなぁと思っていたら、急に北風が・・・寒い。今日から、和室のリフレッシュ工事開始です。施工内容は、仕上げ工事(クロス・塗装・畳入替)がメインです。今日は、意匠的な大工仕事になります。まずは、天井からです。

image ラミネート合板に、薄いベニヤを直貼りの予定でしたが、下地がふかふかで将来的に落ちる可能性が見受けられたので、下地を組み直します。

image 安全な下地を探しながら、加工した下地材を、木ビスと速乾ボンドで固定していきます。これなら、先々、落ちる心配はありません。

image デコボコしていた天井が、真っ平になりました。クロスも貼りやすいです。廻りに見えている、見切りなどは塗装できれいにします。明日は、一日、塗装工事です。

現場調査

image お疲れ様です。ここのところ、ニュースと言えば、アメリカの事ばかりですね。。アメリカ大統領の一言で、経済が右往左往する・・・何か、大変な事が起こらなければと思います。さて、今日は、フルに近いリフォームの現場調査です。お見積りを作成する為の調査です。お客様のご要望をヒヤリングして、施工上問題がありそうな点があれば、その場でご報告して、最善策をご提案致します。また、図面上では分からない部分の測量も行います。

K様邸・・・屋根葺き替え工事完成

image お疲れ様です。今年、一発目の現場が、本日、無事に完工しました。昨年、塗装工事中に飛び込みで、現場前にお住まいの方が、漏水のご相談に現場にいらっしゃって2か月。何とか、漏水個所を突き止め、屋根の葺き替えとなりました。今日は、漏水の点検用に天井ボードを撤去した部分の復旧です。

image いつもの、棟梁です。ちゃんと、最後まで、お付き合いしてくれました。ありがたいです。下地の補強をして、ボード貼り。完成です。工事期間中は、お世話になりました。ありがとうございました。

現場調査

image お疲れ様です。今日は、見積もりの為の現調に同行です。マンションの1室です。どうやら、サッシ廻りの結露で、カビが発生しクロス表面までカビが出てきてしまった様です。マンションあるあるですね。下地にまでカビが食い込んでいますので、下地から遣り替えです。対策を講じても、やはり、まめな換気は必要です。

K様邸・・・屋根葺き替え工事⑦

image お疲れ様です。ここのところ、朝は寒いですね。空気は澄んでいてきれいですが・・・やはり、寒い。今日は、朝から足場の解体です。

image 養生ネット撤去 → 足場の解体の順番です。実は、下で一生懸命、養生ネットを畳んでいます。

image 完了。施工範囲が高さの関係で、写真に写らないので、少し離れて撮影。無事に、終わりました。

K様邸・・・屋根葺き替え工事⑥

image お疲れ様です。土曜日のイベントにはたくさんの方が、ご来場頂きました。ありがとうございました。当日限定で、ブースを製作したりと、いつもより準備に時間が掛かりましたが、何とか、お客様のご来場前に、設営が出来て良かったです。

image 本日は、イベント当日にも実は現場は進んでおりましたので、そのご報告です。大屋根の葺き替えだけでは、見栄えが悪いと、営業担当者からの提案で、下屋の塗装工事に着手。下屋だけコロニアルでしたので、当社、指定のSK化研のヤネフレッシュの塗装です。下塗りは、既に土曜日に終わっていたようで・・・(汗)写真は、中塗りの状況です。

image 屋根の乾きを待ちながら、玄関ドアの塗装を始めます。

image 見違えるぐらい、綺麗になりました。お客様も、大喜びでした。

image 上塗り、完成。太陽光が入りすぎて、光っていますが、ツヤ無し塗料です。後は、室内の天井の修復と足場の解体で、完了です。

施工前現場調査

image お疲れ様です。今日は、次の現場の施工前の現場調査ほご報告です。次から次へと、現場がある事は大変、喜ばしい事です。ありがとうございます。次回の現場は、マンションの和室のリフレッシュ工事です。

image 既存天井に薄ベニヤを増し貼りして、クロス貼りに変更します。この場合、注意点として、既存のラミネート合板の場合、下地のピッチが粗いので、下地補正がでる可能性を考慮しなければいけません。また、薄いベニヤを上から貼るので、既存の天井のライン(波が打っているような場合)がそのまま、表面に出ます。いわゆる、”なり”がでるです。※”なり”が出ない様にするには、下地補正をしなければいけません。各、業者さんとこれから、打ち合わせをしながら、着工日までに準備をしたいと思います。

K様邸・・・屋根葺き替え工事⑤

image お疲れ様です。冬の大寒波・・・今日で終わりの様ですね。。板金工事も今日で終わりです。寒い日が続く中、ありがとうございました。細かい部分の補修と親方の点検です。

image ブロワーを使って、清掃をしています。清掃しながら、傷などが無いか改めて点検します。本来は、これで、足場の解体ですが・・・下屋のコロニアルの塗装を行います。

K様邸・・・屋根の葺き替え工事④

image お疲れ様です。今日も引き続き、板金加工取付けです。施工を拝見していて、いつもより材料の長さが長いと思い、質問したところ、自社で加工しているとの回答。。??ビックリです。だいたい、どこの業者も、メーカーに発注して取り付けるだけの業者が多いと言うか、普通だと思っていたものですから・・・まさか、自社加工とは!!親方に言わすと、メーカー加工も良いが、現場、現場に合わせて細かい部分の加工が必要になるから、自社で加工した方が良いそうです。

image 今回の様に、大屋根は横葺き、増築部分は縦桟葺きと違い、取り合いがある場合などは特に、自社でしか加工が出来ないそうです。

image 親方は、今日も増築部分の縦桟葺きの上です。黙々と採寸しながら加工しています。明日は、細かい部分の補修をして完了です。

K様邸・・・屋根葺き替え工事③

image お疲れ様です。屋根葺き替え工事3日目の様子です。前日、大工さんor板金屋さんががんばって下さったので、気持ち的には半分以上終わった感じです。

image 大屋根の半分が仕上がった状況です。早いです。親方は・・・

image 今回、漏水の原因だった増築部分の屋根の板金加工中。。問題個所は、自分でやらないと気が済まないそうです。月曜日も、引き続き屋根の葺き替えです。

K様邸・・・屋根葺き替え工事②

image お疲れ様です。よりによって、屋根の葺き替え工事中に大寒波とは・・・寒いです。それでも、今日中に、防水ルーフィングまで終わらせねばと、職人さん一丸となって施工してくれています。写真は、既存屋根の撤去です。

image 今回、漏水の原因であろう、破風の交換と大屋根と下屋の取り合い部分の補修をします。

image 既存破風を撤去し、下地の補修。鉄骨構造の為か、屋根の下地のピッチが粗い。

image 屋根の下地材にしては、太い角材(汗)ピッチが粗いはずです。

image 破風の交換後、間髪入れずに野地板増し貼り。防水ルーフィングを貼って逃げます。

image そろそろ日が暮れてきました。みんなで、協力してラストスパートです。

image 大屋根の防水ルーフィング貼り完成~。何とか終わりました。

K様邸・・・屋根葺き替え工事開始

image 新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。我が家は、散々な新年の幕開けでした。年末に、妻&娘が流行り病に倒れ、そのまま年越し。新年幕開けと同時に、私が風邪でダウン。仕事始め前日に、やっと病院。薬が効いてくれたので、何とか出社する事が出来ました!!三連休中に体調を整え、現在、完全復活!!今日から、屋根の葺き替え工事がスタートです。

image 前面道路ギリギリに、ブロック塀が立っているので、屋根ギリギリに建地(縦パイプ)を建てます。

image 足場の基本。縦・横の通りを細かく指示。玄関の廻りは、開閉に邪魔にならない様に、パイプを配置します。

image 屋根用と塗装用・・・違いが分かりますか?中段に足場板がありません。その代り、荷揚げ用のステージを設置しています。施工の内容に応じて、足場の計画も変わります。

image 完成~!!この時期、風が強い日が多いので、飛散防止も兼ねてスッポリ、養生ネットで囲いました。いよいよ、既存屋根の撤去から始めます。今年も、1年間、無事故・無災害で頑張ります。

キッチンリフォームの反省点

image お疲れ様です。今年も、残すところ後5日・・・早いです。なんか、年を重ねるごとに早く感じます。振り返れば、キッチンリフォームも多数、施工させて頂きました。そんな、キッチンリフォームのお話しです。まず、反省点です、個人的な。。キッチンのリフォームをする事が分かっているのに、つい忘れてしまう『ガス工事の手配』。設備屋さん・クロス屋さん・電気屋さん・・・いつものメンバーを手配して完結と思い込み、お客様がご契約しているガス屋さんの手配を忘れる事、多々あり。これは、本当に気を付けねばなりません。幸いにもどの案件も無事に済んでますが、来年は施工プランを自身で作成して、ミスが起きない様に注意したいと思います。

外壁塗装の重要性!?

お疲れ様です。今年は、意外にも外壁塗装が多かった気が致します。今日は、外壁塗装のお話しですが・・・重要性は改めてここで語る必要は無いかと思いますが、違う意味での重要性が実はあるのです。みなさんは、ご自宅の外壁に設置されている、換気のガラリなどは、間違いなく固定されていると思っています・よね??まさか、外れるなんてこれっぽちも思っていませんよね。でも、写真の様に、あるんです。

image 実は・・・刺さっているだけ。ビックリです。

image 塗装業者さんは、施工に入るとありとあらゆる箇所を養生します。前にもお話ししましたが、養生がメイン。養生を兼ねて一つ一つ塗る箇所を見て回る訳です。そこで、私が見落としている箇所を指摘されたり、不良個所の補修を提案してくれます。実は、当社の塗装業者さんは、建物の調査も兼務してるんです。(私の勝手な思い込み)そんな関係性ですので、安心してお任せできるのです。

image また、塗装しながら下地の状態を常に確認して、ヘアークラックがあればいったん塗装を止めて、クラック処理を施し仕上がりに出て来ない様にします。外壁塗装をする事によって、建物の外部の不具合や下地の不具合を職人さんが報告をしてくれるので、今まで気が付かなかった事も気づくきっかけになります。外壁塗装工事もバカにできません。

浴室リフォームのお話し

image お疲れ様です。今日から日替わりで、”この1年の振り返り”&”わが身の反省を込めて”のブログを掲載したいと思います。今年も、様々な現場を経験させて頂きました。ありがとうございます。そんな中で、浴室リフォームについてのお話しです。直近で、RC造を経験したから印象が強いのかも知れませんが・・・実際、浴室は表面だけ見ると・・・

image はっきり言って、分かりません。見た目は・・・作りはほぼ一緒。ですが、下地(構造)の違いだけで、作業工程はガラリと変わります。木造とRC造・・・

image この写真は、上の緑のタイルの解体後です。腰壁の様に見えますが基礎です。基礎の天端に土台を流し、壁は木材です。その上に防水シートを貼り、ラス網を貼り、モルタルで下地を作り、タイルが貼ってあった訳です。ほとんどの在来浴室の構造はこんな感じです。写真の現場は、浴室だけ基礎の壁を写真の様に、1m程高くしてあるので、土台の腐食がありません。

image 上部の写真の様に、浴室廻りだけ基礎が上がっている例は少ないです。基礎が廻りと同じ高さで中には、写真の様に土台や柱の根本が腐食している場合もございます。これが、ユニットバスに交換した方が良いという、代表的な一例です。このまま行くと、いずれは土台が朽ち果て、柱が下がり・・・怖いですよね。

image 工事工程を組む際に、ユニットバス組立の前日を、予備日として必ず工程表に入れます。お客様にとっては、一日でも早い工期が良いのですが、万が一、上部の写真の様に腐食部が見つかった場合に、対応ができません。腐食が前提で工程を組む事によって、補修が出来るわけです。浴室のリフォームは、構造の保全も含まれると私は考えます。

image 一番最初の写真の様なRC造の場合は、構造に腐食こそ無い(断熱材にカビあり)ものの、打設してあるコンクリートに難ありです。配管がコンクリートに埋設してある場合など、既存のコンクリート対策が重要です。やはり、RC造の場合は、解体日数を1日~2日、多めに検討します。

image 浴室リフォームで大事な事は、仕上がりももちろん大事な事ですが、ユニットが組みあがってから、確認が出来ない下地の状況を必ず確認し、必要であれば必ず保全を実施する事だと思います。今後も現場監督として、必ず、解体時・解体後に立ち会い、構造の状況を確認・判断し、お客様に分かりやすい説明と施工方法のご提案が出来る様に、努力をしていきたいと思います。

難しい判断・・・

image お疲れ様です。本日は、残工事対応&片づけ・・・なんだか、予定が未定状態です。そんな一日の中の1件のお話し・・・写真は、キッチンの天板の端っこの部分を拡大したものです。メーカーが出ちゃってますが・・・気にしないでください。お話はと言うと、お客様がキッチンをふき掃除する際に、どうも角が引っ掛かるとご連絡がありました。・・・確かに引っかかります。これは、難しい判断です。板金するわけにも行きませんし・・・

image 悩んだ末に、メーカーのメンテナンスに相談しました。やはり、万が一、お怪我でもされたら大変ですから・・・やはり、メーカーには同じような案件が数件上がっていたそうです。ただ、完全に直す??(故障ではない)お怪我をしない程度にする方法があるようです。それが正か誤かは別として、対応策があるとの回答でしたので、対応策を見てみたいと思います。

K様邸・・・リビング TVシステム造作棚 築造工事

image お疲れ様です。今日は、大工さんor電気屋さんorクロス屋さん皆で仕上げです。クロス屋さんは引き続き・・・電気屋さんは、ダウンライトの器具や配線、大工さんは、棚の設置です。各々、順序があるので、流れ作業のごとく、棚及び棚廻りを仕上げます。

image 既に夕方・・・アクシデントがありましたが、何とかリビングは完成。アクシデント・・・天井のクロスが足りない&在庫が北海道??クロスが足りないのは、一般物いわゆる量産品ではないものは、クロスによっては柄合わせが発生するので、大幅にロスをする事によって足りなくなる事はまぁまぁあります。ビックリしたのは、在庫が北海道って事です。どうやら、メーカーが生産終了しているものは、日本全国の問屋さんのどこかで余っているものを、取り寄せになるシステムだそうです。今回は、一日前で名古屋、そして北海道。さすがに、一日では届きません。貼り直しもあるので、次回に持ち越しです。

K様邸・・・リビング TVシステム造作棚 築造工事

image お疲れ様です。今日は昨日に引き続き、クロス工事です。貼り始めると早いです。タイトな工事工程表を組んでいる訳ではないですが・・・年末が近くなると当社の協力業者様、ほとんどがお忙しい様で、バタバタです。そんな中でも、笑顔で施工です。

image う~ん・・・シャッターミス。慌てて仕事してはダメですね。当社の営業担当の頭が(汗)撮影をしたかったのは、折れた天井のクロスのジョイントをこんな風に避けるんですよ!!って写真を撮りたかったのですが・・・すみません。おおよそのクロスの割り付けを事前に行い、左右にどの程度の半端が入るかを調整します。その上で、折れ部がどの位置に来るかを確認してから、貼り始めます。貼り始めの割り付けが特に大事なんですね。明日は、いよいよ仕上げ工程です。

K様邸・・・リビングTVシステム造作棚築造工事

image お疲れ様です。朝、何気なくカレンダーを見ていたら、今年も残すところ三週間程なんですね。毎日が足早に過ぎて行くので・・・一年、あっと言う間ですね。さて。今日は、内装仕上げ工事です。新旧、問わず下地調整の為、パテ処理を施します。

image メインのリビング&キッチンのパテの渇き待ちの間に、アクセントクロスを指定の場所に貼ります。事前に旧クロスを剥がしておいたので、段取り良く現場が進んで気持ちが良いです。季節がら、乾燥しているとは言え、パテがなかなか乾かないのが悩みですが・・・。余裕を持って工程を組んでいて良かったです。明日は、引き続きクロス貼りです。

KO様邸・・・屋根・外壁リフレッシュ工事完成

image お疲れ様です。今日は、KO様邸の工事報告です。他現場を先行してブログに掲載していたので、間が空いてますがちゃんと終わってます!!朝一番、上塗り1回目の状況です。お日様の光で分かりづらいですね・・・。

image 写真は、軒天の補修の状況です。大工さんに部分解体&ベニヤ貼りを依頼しました。長い期間、風雨にさらされて軒天の表面が捲れてしまっていたので、固定用の下地を入れて、ベニヤ貼りです。さすがの大工さんも手を焼いていました。

image 屋根の仕上がりの状況です。奥に見える軒天も、大工さんによって直して頂きました。

image 壁、キリ除け、雨樋の上塗り完成の写真です。途中、雪が降ったり雨が降ったりと天気に恵まれませんでしたが、何とか完成致しました。

image 足場を解体して、完成です。今回は、予定より4日程工程が天気により延びてしまいましたが、事故も無く無事に完成して何よりです。工事期間中、ご不便をお掛け致しました。また、約1ヶ月という長い期間、お世話になりました。この場をお借りし、御礼を申し上げます。ありがとうございました。

S様邸・・・キッチン交換工事③

お疲れ様です。日に日に寒くなり、毎朝布団から出るのがイヤです。日中は暖かいですが・・・今日は、掲載出来てなかった、キッチンの搬入・組立のご報告です。中々、撮影するタイミングがなく、朝のご挨拶の時に、撮影させて頂きました。完成写真しかありませんが・・・今回のキッチンは、クリナップさん。電動昇降ウォールの吊戸です。奥様もお気に入りの様で、重宝しているそうです。面板も明るく、部屋全体が明るくなったとおっしゃていました。何とか、ご要望通りに施工が完了して、ホッとひと安心です。 image

S様邸・・・浴室リフォーム工事完成

image お疲れ様です。今日は、12月3日からの作業の流れをご報告です。12月3日(土)に洗面室の造作工事!!ユニット組立前に施工した続きです。写真の右側奥にもスペースが・・・完成写真で分かると思います。工事前の床は、コンクリート面にCFを直貼りでしたが、今回の工事でコンパネを貼れる余裕を確認したので、コンパネを貼ってからCFを貼ります。少しでも、真冬の冷たさが凌げればと思い、ご提案致しました。

image 12月5日(月)、内装仕上げ工事。天井・壁クロス・床のCF貼りです。床にコンパネを貼った事で、洗面室入口の引き戸枠とほぼ同じレベルになって、ほぼバリアフリーになりました。

image 12月6日(火)設備工事・洗面化粧台の取付&洗濯機接続工事です。やっと、完成いたしました。お待たせいたしました。懸念していた、洗面化粧台と浴室の間仕切りのスペースのクリアランスも、何とか確保出来て良かったです。お客様も、想像していたより広く取れたとお喜びでした。

image これが、冒頭でお話しした奥のスペース。以前は、浴室の洗い場だった場所です。今回も、現場で施工をして頂いた業者の皆様に感謝です。ありがとうございました。また、1週間弱、長い期間ご協力頂いたお客様にも、この場をお借りして感謝いたします。誠にありがとうございました。帰り際にお客様から少々、宿題を頂いたので早々に手配し完了したいと思います。

K様邸…リビングTVシステム造作棚築造工事

image お疲れ様です。今日から新しい現場開始です。今回の工事は、担当営業がお客様と打ち合わせを重ねてきた、造作棚の築造です。大工さんの腕に全て掛かっています。もともと、オレンジのテープが貼ってある場所に、TVが設置されておりその周辺に、スピーカーやDVDデッキなどが配置されていましたが、各配線ケーブルの露出が嫌だと言う事が、お客様の懸念材料でした。これを、解決する為の棚を造作致します。

image 上部の写真の腰壁を一度、解体して新たに天井まで壁を造作。電気業者さんから指示があった壁厚を確保しながら、下地を組みます。明日、電気業者さんが、壁の中に配管を取り付けます。

S様邸・・・浴室リフォーム工事⑤

image お疲れ様です。今日は、お客様も楽しみにしていらした、ユニットバスの組立工事です。朝一番に、土間のレベル・設置スペースの寸法・接続配管の位置を最終確認してスタートです。

image 写真の作業工程は、シール打設の状況です。組立作業も終盤。間もなく完成です。今回は、RC造の住宅でした。現場調査の段階で、洗面室の床もコンクリートと確認が取れましたので、10cm程度の斫りを予想していましたが・・・予想外でした。コンクリートもユニット設置面と新設の廊下の2度打設。高さや寸法などの墨だしの徹底をしないと必ず、ミスがでます。5mm・10mmの違いで、ユニットが収まらないなどの問題が発生します。やり直しがきかないからこそ、毎日が真剣勝負です。明日は、再び大工さんによる天井・壁・床の下地組です。

S様邸・・・浴室リフォーム工事

image お疲れ様です。何とか工程通りに現場が進んでくれています。解体のボリュームでヒヤヒヤしましたが、今度は、大工さんのボリュームが・・・それを解消してくれるいつもの大工さん、感謝します。

image 残業を掛けて頂き、何とか、土曜日中に完了するレベルまで施工して頂きました。ここまで、下地組が完了していれば、ほっと一安心。明日は、いよいよユニット組立です。

S様邸・・・浴室リフォーム工事③

image お疲れ様です。今日は、今まで浴室の洗い場だった部分を廊下に作り替えます。砕石を敷設して転圧。同時に、型枠を組立ていきます。

image ジャンカ(打設後の表面に砂利が出る事)が出ない様に、型枠をやさしく叩きます。叩く事によって、ノロと言われる水分を多く含んだセメントが砂利を包んでくれます。

image 打設完了。既設配管を切り回す為に掘削した部分も補修。これで、解体&築造は完了です。次は、大工さんの事前乗り込みで、間仕切りの造作&補修です。

S様邸・・・浴室リフォーム工事②

image お疲れ様です。昨日の続きです。エンジンカッター&エアーコンプレッサーの登場!!朝から、ハツリの音が響き渡ります。もう、普通の浴室リフォーム工事じゃありません。

image 給水・排水が全てコンクリートの中に埋まっているので、『チッパー』と言う斫り機で、丁寧に斫り露出させます。

image 埃いっぱいの中、設備屋さんが使わない配管を処理しています。土間の部分、ほとんど斫り(汗)大変です。

image とりあえず、本日のノルマ、ユニット設置場所のコンクリート打設まで完了です。お疲れ様でした。明日は、廊下部分の築造です。

S様邸・・・浴室リフォーム工事①

image お疲れ様です。今日から浴室リフォーム工事です。建物がRC構造の為、足元の土間の状況が読めません。これから、解体に入ります。

image とりあえず、お風呂と洗面室の壁を撤去です。余計な箇所を傷つけない様に壊していきます。親方、さすがです。

image ・・・一同、茫然!!全員の想像を超えたスラブ(床)の厚み!!およそ30cm、ありえません(汗)電動ピック(電気の斫り機)では到底、歯が立ちません。明日、エアーコンプレッサー導入です。

S様邸・・・キッチン交換工事②

image お疲れ様です。昨日の雪には、本当にビックリでした。予定通り、今日は内装の仕上げ工事です。クロス屋さんも最近、忙しいとの事で事前に既存クロスを剥がしてほしいと言われていたので、だいたいは、剥がしておきましたが・・・この後、まさか・・・

image 予定時刻よりも少々はやく段取り・・・まずは、下地調整から。パテ処理開始。

image 今日は、床のCF貼りまでが工程に含まれていたので、クロス屋さんが下地処理中に既存CFを剥がし始めると・・・ん?もう一枚?さらに古いCFを発見。重ね貼りをしていた様です。クロス屋さんと協議の結果、古いCFを剥がすと下地のベニヤが大変な事になると判断して、残す事に決定!!・・・と当社の営業担当登場!!既存床の調子が良くないとの判断で、急きょ、ベニヤ増し貼りに決定。

image 床を貼り始めたら、辺りは真っ暗・・・日が落ちるの本当に早いです。バタバタと何とか工程に乗っています。明日は、キッチン搬入・組立です。

S様邸・・・キッチン交換工事①

image お疲れ様です。朝方、寒さで目が覚め窓を見るとまだ雨・・・?雪は?と思いながら身支度をしていたら一気に雪模様。慌てて自宅を後にしました。今日は、S様邸のキッチン交換工事の初日。ちょっと早めにお邪魔して、早速、段取り。いよいよです。

image 設備業者さんが来て、あっと言う間にほぼ解体。。ガス・給水・排水等の切り廻し作業。電気屋さんも・・・続々と雪降る中、いつものメンバー集合です。

image 何とか、今日のノルマ達成。明日は、クロス屋さんに内装を仕上げてもらいます。

KO様邸・・・屋根・外壁リフレッシュ工事④

image お疲れ様です。何とか、太陽様が!!良かったです。昨晩の雨で、朝一番はまだ全体的に湿っていたので、段取りをしながら乾燥待ち!!お客様のお庭の花に目が・・・いつもより、色鮮やかだったので、パチリ!

image 10時頃には、屋根もすっかり乾ききっていたので、やっと下塗りが出来ます。

image 材料が・・・職人さん慌てて下の材料置場へ。もう一人の職人さんの様子を見ると、外壁の下塗りをやっていました。

image SK化研のソフトサーフと言う、水性材をローラーで転がして塗装をしています。これが、下塗りになります。

image 真っ白ですから、分かりやすいですよね。この下塗りをやって一晩乾燥させます。

image 雨樋の裏側が塗れていませんが、後でダメ込みといって、刷毛で塗ります。違いは、ハッキリしていますよね。明日は、祝日の為、明けですが、また、明後日が・・・晴れてくれ~!!と願うばかりです。

KO様邸・・・屋根・外壁リフレッシュ工事③

image お疲れ様です。。朝から絶不調(汗)先週から、何やら体調が悪いと感じていましたが・・・風邪をこじらせてしまいました。体調、管理不行き届きでした。晴天に中々恵まれない中、今日は養生と塗装できるところ!!と言う事で、作業を開始。養生で二日目!やはり、結構、手間が掛かります。写真の様に、結構、ガッチリと養生をしますので、手間と時間がどうしても掛かります。

image こんな感じ。窓と言う窓は全て。ペンキを付けてはいけないところ全てやります。中々、塗装作業に移れませんが、大事な作業。手は抜けません。明日は、晴れるかな??

KO様邸・・・2期工事 屋根・外壁塗装工事②

image お疲れ様です。今日は、養生です。実は、塗装工事で養生とは、養生が終われば塗装工事の半分は終わった!!と言う位、大事な工程なんですね。サッシ廻り、エアコンの室外機等など・・・塗ってはいけない部分、塗料の違いで見切る部分など、細かく養生をしていきます。赤くなっている部分は、先行で錆止めを塗っています。

image 明日は、残念がら雨予報ですので、来週の月曜日から屋根の下塗りを始める為に、先行で板金部分に錆止め処理をしました。明日は、お休みです。

KO様邸・・・2期工事外壁リフレッシュ工事開始

image お疲れ様です。和室リフレッシュ工事の養生期間中ですが、昨日から、2期工事の開始です。屋根・外壁の塗装工事が始まりました。N様邸の足場解体工事前に、KO様邸で足場の組立!!敷地いっぱいに建築されているので、鳶さん、四苦八苦していました。

image 足場の完成!!今日は、高圧洗浄~!!一緒にいては、ずぶ濡れになるので、屋根部から撮影。職人さんは、カッパを着て長靴姿。フル装備です。およそ、半日掛けて屋根・外壁をきれいに洗い流します。高圧洗浄後、壁を点検すると汚れの下に隠れていた、ヘアークラックなどが・・・高圧洗浄も大事な作業工程の一つなんですね。明日は、養生です。

N様邸・・・外壁リフレッシュ工事 完工

image お疲れ様です。やきもきしながら、何とか足場の解体の日が迎えられました!いよいよ、解体。お客様も待っておられた様で、二人で現場を見守ります。

image 開始直後は、スッキリしない陽気でしたが、徐々に太陽が!!どうやら、お客様は、ご自分が選択した色の輝き度合が気になっていた様です。ツヤ有りの塗料ですので、太陽光が当たると結構、ツヤが目立つため、どうしてもその確認がしたかったみたいです。

image 解体完了!!と同時に太陽が!!お客様の顔・・・ニコニコでした。そのお顔を拝見できた事が、うれしかったです。工事期間中、大変、お世話になりました。ありがとうございました。

N様邸・・・屋根工事 漆喰補修

image お疲れ様です。ドキドキの朝でした。雨なら作業中止で、足場の解体が延びる重要な日でしたが、どうにかこうにか、降らずに一日もってくれました。今日は、瓦屋根の漆喰部分の補修です。表面がボロボロですね。これを補修して頂きます。

image 写真は、ボロボロになっている部分に、下塗り材で補修している状況です。手前にある緑の箱・・・なんでしょうか?実は、これに、材料を入れて保管しているんですね。一回、一回、材料を取りに下には降りてられませんからね!!

image 仕上げ材を塗った状況です。きれいになってきました!

image 一日で、何とか全部を仕上げて頂きました。お客様も、確認(本当は、足場に乗ってほしくないんですが・・・元気な方で登ってきちゃいました・・・(汗))ご自分の目でご確認されて、大変、満足して頂きました。これで、安心だと。うれしいです。いよいよ、明日、足場の解体です。

KO様邸・・・和室リフレッシュ工事 壁編

image お疲れ様です。今日は、左官屋さんによる和室の聚楽塗り替えの様子をご報告いたします。写真は、既存の聚楽を剥離剤を使用して、撤去しているところです。

image 足元の養生の上にある、茶色の塊が既存の壁材です。結構な量ですよね。

image 分かりやすい写真はと思い・・・緑色に見える部分が、仕上がっている部分です。白い部分は、下地の状況が悪い為に、補修をしています。仕上げ材では、せいぜい、2~3mm程度しか塗れないそうです。補修材で、厚みを持たせてから仕上げ材を塗ると、よりきれいに仕上がるそうです。

image 翌日の写真ですが、完成です。上の写真で白かった部分も同じように緑色に変わっていますよね。余談ですが、職人さんのお話によると、最近の若い職人さんには、聚楽の塗り替えが出来る職人さんが少ないそうです。最近の内装は、クロスが多いですからね。そりゃそうだ!!経験が積めないですよね。壁の硬化期間・・・約10日間程度の期間を置いてからクリーニングをして御引渡しです。

K様邸・・・ユニットバス交換工事 完了

image お疲れ様です。K様邸・・・続きのご報告です。一気に・・・すみません。案件が多くなり間に合ってません。では・・・写真は、11月10日にユニットバスの組立当日の朝です。

image 午後一番で、3面の壁まで完了です。

image 夕方、17時にはすでに日が暮れて、真っ暗。組立完成。翌日、大工さんに、出入り口のドア樹脂枠の取付けです。

image 一日、飛びました。写真は、11月12日の朝。クロス屋さんがこれから、仕上げてくれます。

image またまた、夕方。施工完了!!残すところ、洗面化粧台の設置です。

KO様邸・・・和室リフレッシュ工事 床編最終

image お疲れ様です。今日は、床工事の続きをご報告いたします。施工は、前日に完了したものです。1階和室のフローリング貼りと2階廊下のフローリング増し貼り&一部貼り替えです。

image 大工さんの予定が詰まっているとの事で、応援を入れての対応!!いつも施工してくれる大工さんの実兄が来てくれました!!実は、三兄弟共に大工さん。頼もしいです。解体担当は兄の大工さん(笑)細かいところに気遣って解体してくれています。

image そして、いつもの大工さん(弟)登場!!おいしいとこ取り(笑)冗談ですが・・・実は、既存との取り合いなど実に細かな作業。慎重な性格の弟に任せたそうです。

image ほぼ、完成。階段最上段まであと少し。写真上部の解体部分には、高さの関係上フローリング直貼りです。

image ところ変わって、1階の和室の状況です。問題なく貼り進めています。兄大工さん!!

image ほぼ、完成~。貼り終わった箇所から、傷が付かない様に養生もしていきます。。お蔭で、完成写真は、お預けです。次の作業は、左官屋さんによる、壁の聚楽塗り替えです。

K様邸・・・外壁リフレッシュ工事④

image お疲れ様です。今日は、いよいよ仕上げです。上塗り2回目・・・写真は、朝一番の状況です。

image 昼休みの状況です。さすがに、仕上がってくるとツヤが出てきます。テカテカ~(笑)当社は、上塗りの工程で、あえて色替えをしていますが、仕上げ塗料の色が薄いと、色替えにも実は苦労します。下地材の弾性フィラーが白、仕上げ色が白系統だとまず色替えが不可能です。中塗りで、少しでも別の色が入ると仕上げの色が出ませんので、注意が必要です。近似色にも限度が・・・

image 夕方の状況です。太陽の光が当たると、また、色合いが変わります。だんだん、仕上がってきてお客様も大喜びです。喜んで頂けるのが、何よりも励みになります。明日は、雨の予報の為、作業中止です。明後日から、鉄部の仕上げに入ります。

KO様邸・・・和室リフレッシュ工事

image お疲れ様です。今日は、何だか一段と寒く感じました。アメリカ大統領選挙が少し気になる一日ですが、大工さんによる床工事開始です。初めに、透湿シートから貼ります。湿気対策です。

image そして、防蟻材塗布。ワタクシが塗っている間、大工さんには、別の段取りをしてもらい、作業スピードを上げてもらいます。今日は、ワタクシ、大工さんの手元です。

image 既存の大引きのレベルを確認しながら、根太掛けを取付け。障子の敷居で、高さが決まっているので、真ん中の大引き2本を廻りに合わせます。若干、大引きが高い感じでした。

image レベルを細かく取ったお蔭で、ピッタリ。

image 断熱材をビッチリ敷き詰めて、ベニヤの捨て貼り。これで、これからの冬も乗り越えられます。心なしか暖か!!

image 捨て貼り後、明日、作業がすぐに始められる様に、フローリングを1列貼ります。実は、貼り始めと終わりが手が掛かるのです。これで、明日は、楽に作業が始める事ができます。

KO様邸・・・和室リフレッシュ工事

image 次は、別の現場です。KO様邸の和室リフレッシュ工事が今日から本格始動。今日は、床の解体です。同時に、外部シャッターも撤去です。

image 畳を撤去し、いよいよ畳床の撤去。やはり、若干、カビが発生していました。長い期間、湿気にさらされていたせいでしょう。根太も交換するので、大引きだけ残します。次は、シャッターの撤去です。

image この写真の窓上に付いているシャッターを撤去。外壁塗装が後工事であるので、左官補修がやりやすい様に、カッターを入れてから、外壁を解体します。

image 親方、自らカッターで外壁を解体・・・シャッターの下地が出たら撤去のみです。近隣の皆様、埃・・・すみません。明日は、大工さん。床を作ってもらいます。

K様邸・・・ユニットバス交換工事①

image お疲れ様です。めっきり、朝の気温が下がり冬が一気に近づきました。今日は、ユニットバスの解体&洗面化粧台の撤去工事です。既存サイズ1616・・・大きいですよね。

image 写真は、ユニット側から撮影した、洗面室の床下になります。ユニットバスを解体したお蔭で、床下が丸見えになり、排水の切り廻し作業が楽になりました。洗面室の床を大きく開口しなくても、床下で接続変更が可能ですので、助かりました。

image 言葉では簡単にお伝えしましたが、職人さんは大変そうです。おかげさまで、ユニット組立&洗面化粧台入替の段取りが出来ました。

N様邸・・・外壁リフレッシュ工事③

image お疲れ様です。今日も、気持ちの良い一日でした。足場の点検をして作業開始です。引き続き、塗装工事。上から、仕上げていきます。まずは軒天から・・・

image 少々、分かりづらいですが、上が仕上がっている写真。この写真は、1回目が完了した状況です。若干、薄く、ツヤがありません。

image 外壁の下塗りの状況です。弾性フィーラーという塗料を外壁全体に塗布します。雨樋の裏と廻りの違い分かりますか?明日は、上塗りに入ります。

N様邸・・・外壁リフレッシュ工事②

image お疲れ様です。秋晴れで気持ちの良い一日でした。今日は、昨日に引き続き、塗装工事です。昨日残った、周辺養生と屋根の板金部やキリ除け板金のサビ止め塗装です。写真は、養生の状況です。

image 職人さんに言わせると、養生さえ完璧であれば仕事は終わり!と言うぐらい、塗装工事における養生は、大事なんですね。話をしながらでも、手を動かす・・・さすが職人です。

image 写真は、錆止め1回目の施工状況です。分かりずらいですが。。。

image 大屋根の錆止め完了です。明日は、日曜日ですのでお休みを頂きます。来週から、いよいよ外壁に入ります。

K様邸・・・水廻り4点Set交換工事

image お疲れ様です。K様邸のシステムキッチン入れ替え工事の様子です。初めに、現場調査時の写真です。

image 早速、設備業者さんによる解体作業開始です。今日は、解体をして給排水の切り廻し工事までです。

image きれいに、解体されました。赤丸の部分の給水・給湯管及び排水管を、新しいシステムキッチンの設備図面を見ながら、移設します。

image 配管の移設が完了。いよいよ、システムキッチンの組立です。

N様邸・・・外壁リフレッシュ工事

image お疲れ様です。今日は、塗装業者さんによるおうちまるごと水洗いです。高圧洗浄と呼ばれるものです。今回、屋根は瓦部分の漆喰の補修となりますので、軒天と呼ばれる部分から下を全部、洗浄。段どりさえしてしまえば、案外、早いんですよね。別の現場と行ったり来たりをしている間に、終わっていました。

image 高圧洗浄完了で、一応、写真を撮りましたが・・・分かりませんね。明日から、養生からはじめて塗装開始です。

N様邸・・・外壁リフレッシュ工事

image お疲れ様です。今日から、N様邸の外壁リフレッシュ工事が始まりました。本日の作業は、足場の組立工事です。事前に職人さんと現場調査を済ましているので、施工中はガードマンに徹します。写真は、施工前です。

image 少々、見えずらいですが、段取り(間配り)中です。

image 今回は、単管パイプと呼ばれる部材を使用しています。最近は、クサビ式の方がめっきり多くなりましたが、クサビ式だと不可能な間隔を飛ばす事も単管パイプだと可能です。今回は、間隔を飛ばす箇所が多いので、あえて単管パイプを選択しました。

image 応援が駆けつけ、施工スピードアップ。午前中で完了です。11月3日(木)は文化の日でお休みです。休み明けから、塗装業者さんの出番です。まずは水洗いから!!

瓦屋根の漆喰

お疲れ様です。今日は、外装工事メインの現調に行ってきました。外装工事と言うと、屋根・外壁・バルコニーなどがメインにあげられます。今回は、屋根の瓦の漆喰と外壁塗装でした。最近、建築されたもので、中々、瓦屋根を選択する方はごく稀ですから、屋根の漆喰と言われてもピンと来ないですよね。では、写真で・・・赤い丸が写真の中にあるのが分かりますか?屋根の部位で、瓦と瓦がぶつかっている『棟』と呼ばれる部分に、かまぼこの様な形をした瓦が上からかぶさっています。この瓦の一番下の部分に三日月の様な形をした白い部分が『漆喰』です。『漆喰』は古来より伝わり、内外装に使用される伝統的な材料です。有名なのが『姫路城』の外壁に使われています。この『漆喰』、劣化も傷もない状態では、強さを発揮しますが、劣化が進んでボロボロになっていたり、傷があると雨漏れの原因となります。工法はいくつかありますが、営業に提案しようと考えている工法は2つ。1つは、棟瓦を一度撤去しての積み直し。1つは棟瓦はそのままで、漆喰のみを塗り替え(※全撤去は無理なので、重ね塗りになります)。お客様のご予算もありますが、施工後の事も考えて工法を提案したいと思います。 image

きっかけ!!

お疲れ様です。本日は、うれしい事に2件立て続けで現場調査がありました!!共に、当社のイベントにご来場くださったお客様です。誠にありがとうございます。少々、ハイテンション・・・それは、当社のイベントにわざわざ足を運んで頂いた上に、リフォームの『きっかけ』として、ご検討下さった事が正直にうれしいです。リフォーム工事は、正直、お客様もなかなか重い腰を上げてはくれません。トイレが壊れたとかキッチンが壊れた?床が、雨漏れがなどなど。何か、『きっかけ』がないとダメな分野なんですよね。その『きっかけ』で今日、現場調査に呼ばれました。長年、使われて慣れ親しんだ住設機器を交換するのですから、将来に渡って気に入ってもらえる工事を、営業or工事or事務のチームでご提案出来る様に頑張ります。※写真は現調の一部です。 image

継続は力なり・・・

おはようございます。。。月が替わり、気持ちも一新・・・と思いきや、なかなか思う様にはいきません。ここ、2日? or 3日?・・・ブログが手に付きません。そう、何を書けば良いのか、まーったく思い付きません。何かあるだろうと思うのですが、いざ、パソコンの前でブログ更新画面を開くと、私がフリーズ!!頭の中が、きれいに真っ白(泣)もう一人の現場監督の今野さん・・・、社の先輩ですが毎日、毎日、更新し続けています。脱帽です。ここまでくると、立派なブロガーです。それでも、お話を聞くと、ブログを初めてから、今日までご苦労をされている様でした。それでも、毎日、欠かさず更新されている姿は、立派です。継続は力なりですよね。私も、努力する姿勢は見せねば・・・明日は、当社のリフォームイベントです。皆様、お誘い合わせの上、ご来場頂ける事、心より、お待ち申し上げます。 image

現場調査

お疲れ様です。今日は、現場調査(施工方法打ち合わせ)に行ってきました。キッチンとお風呂のリフォーム工事です。キッチンは、大筋、決まっていた様で採寸し、施工の際に問題となる箇所を洗い出し、その場で方向性を決めます。既設の水栓の位置やガスの位置、排水の位置など・・・また、出窓が絡んでいれば、仕上げ材よっては、既存を撤去しなければなりません。施工前に解体する部分を踏まえて、お客様と打ち合わせです。 image

昔ながらの、『壁給水』。これも、キッチンに合わせて移設です。移設することによって、壁を一部、解体するので移設後に、大工さんによって補修をしてもらいます。こうやって、一つ一つ、注意点をあぶりだして施工前に打ち合わせをすることが、大変、重要なんです。簡単な現場は、やはり一つもないんですね。良い仕事をするには、手は抜けません。 image

台風来襲??

お疲れ様です。今日は、微妙な天気の一日でした。午前中は、雨が降ったりやんだり、午後はいきなり晴れて気温上昇!!荒らしの前の・・・ですかね。先週の9号の時は、雨・風共にすごかったですね。当社でも、予期せぬ箇所から漏水発生。ショールームから連絡があり、エアコンの配管から水が漏れていると・・・天井のボードを外すと、報告通りエアコンの冷媒管を発見。被覆を触っても濡れていないしどうやら別のところからの様子。水の痕跡をたどると、外壁から空調の為に取り付けたと思われる、スパイラル管をたどって水が漏れていました。ちょうど、勾配が部屋内に向かって下がっていたのが原因の様でした。気象条件によっては、時に、予期せぬ漏水が起こります。建設中、ちゃんと防水工事を施していても、外壁に後から取り付けた空調のガラリやエアコンの配管の取り出し口などから、水は侵入してきます。台風などの普通では考えられない漏水は、一過性のものなのでそれほど心配はありませんが、常に漏水している場合は、建物の構造体まで腐食させてしますので、一日でも早く補修工事をお勧め致します。明日、上陸の可能性がありますので、早めの対処を心がけてください。 image

今回は・・・

お疲れ様です。平成28年7月3日(日)に実施されました、二級建築士試験の結果が発表されました。・・・残念。ま、しかたなです。思い立って、3~4ヶ月で受かろうなんて、甘く考えていませんでしたから。気持ちを切り替えて、来年、また挑戦します。しかし、2次試験の製図の課題が気になり、見てみると『景勝地に建つ土間スペースのある週末住宅(木造2階建て)』。良かったです、ある意味。やはり、国家試験ですから、1年間の受験勉強スケジュールをキッチリ立てて、取り組まなければ、合格には程遠いと感じました。また、今日から、基礎勉強開始です。来年こそは、合格です。頑張るぞ!! image

オリンピックの終わりとともに・・・

お疲れ様です。移動中、夕方のニュースを聞きながら帰社中、オリンピック選手団の会見が流れてきた。ふと、『あぁ、オリンピックが終わったんだ。』と思いました。オリンピック期間中は、家族の病気で気にしている暇がなかったかなと言う感じです。時差もありましたし・・・しかし最後のリレー、LIVEで見たかったです。それだけが、残念でなりません。と。オリンピックの話しになってしまいましたが、一つ、一つ、イベントが終わるにつれて、夏の終わりが、近づいている気がします。オリンピック、高校野球・・・。この夏は、いったい何をしていたんだろうと、振り返ると『憂鬱』です。し、しかーし、月が空けての9/3の第一土曜日、待ちに待った、わが社のイベントです。お時間がありましたら、皆様、お誘い合わせの上、是非、ご来場ください。たくさんの方に来て頂けるのを、心よりお待ち申し上げます。 image

マンション住まいの悩み

お疲れ様です。今日は我が家について・・・。現在、我が家はちょっとした事情から、家中をひっくり返しています。特に子供部屋。きっと、小さいお子様を持つ親御さんの共通の悩みと言ったら、『延々と増え続けるおもちゃの収納』と『かわいさ余ってついつい買って増やしてしまう子供服』ではないでしょうか?我が家の悩みはまさにそれ。どーすんの??ってくらい『おもちゃ』や『洋服』で溢れています。それで、思い切って整理しようと家具を検討。ところが、我が家はマンション。マンションにお住まいの方の共通な悩みは、柱や梁の欠けの部分。結構、デットスペースになっていませんか?この欠けを考えながらの家具探しが本当に、面倒。お客様のお悩みには真剣に考えるのですが、自宅となると・・・。これじゃいかんと言う事で、今回、思い切って以前、お客様に施工させて頂いた商品『リクシルのヴィータス』。ズッシリ感もあり質感もよく、実は気に入っていました。これなら、我が家の暴れん坊たちに壊される心配も少ないかと。また、梁欠けの部分にも対応している部材もあるので、既製品よりもきれいに納まる気がしています。皆様も、是非、ご検討されてみてはいかがでしょうか。 image

影の技術職・・・

お疲れ様です。台風の影響で、雨風共にすごかったですね。車を乗り降りするだけで、ビショ濡れでした。そんな訳で今日は、お客様にご提出するプレゼン資料の中の、図面を作るために練習をしてみました。私がまだかけ出しの頃、当時の上司から設計図面を手渡され、夜な夜な徹夜をして、施工図面を手書きで書いていました。当時も。CADなるものは存在していましたが、今よりも普及が進んでいなかったものですから、まだまだ、手書きが主流でした。特に現場事務所では・・・時代はCADの時代。お客様にご提出する図面は、競合他社もCADです。今のご時世、CADが使えない現場監督ではダメだと思い、少しずつ勉強していますが、これが、なかなか。。図面の書き方は分かるものの、CADの使い方が、頭に入っていかない。脳ミソがカチコチ!!当社が、お客様にご提出しているプレゼン資料は、当社の事務職の女性が作成してくれています。入社後、数か月で図面が書けるようになり、数カ月でパースが書けるようになり、脱帽です。きっと、失敗しながらも、何度も何度もやり直して、覚えたのでしょう。彼女の作品を見れば、その努力が伝わってきます。私たち、現場監督や担当の営業マンはお客様と接して、パフォーマンスを披露出来ますが、直接、パフォーマンスを披露出来ない彼女もまた、当社の影の技術者です。そんな事を感じながら、練習した図面・・・使い物になりませんな!! image

結果がすべて!

お疲れ様です。今日は、朝から残念な知らせが・・・リオオリンピック女子レスリングの吉田選手が、まさかの銀メダル。。日本中が吉田選手の金メダルは揺るぎないと思っていたでしょうが、やはりそこは、厳しい勝負の世界。連覇の重圧だったり、日本中の応援のプレッシャー・・・我々、凡人には到底、理解できない重圧がのしかかっていたのではないでしょうか。オリンピック選手に限らず、私たちも常に結果が求められています。私たち、リフォーム業界も、予算・工期や納期・仕上がりなどなど、常に結果を求められます。アスリートの方、特に代表選手と比べるものではありませんが、それでも、日々、大なり小なりの重圧に負けない様、日ごろから努力を怠らない様にしています。時には、積算単価表、時には他社のホームページなどなど・・・。どんな時でも、いつもと変わらず、平常心を心がけ、技術をご提供出来るようにと、吉田選手の試合を見て感じた自分でした。

和室のリフォーム・・・京壁(塗り壁)編

image お疲れ様です。不快指数高めの一日でした。エアコンや扇風機の無い場所での打ち合わせだけでも、汗が噴き出てきました。今日は、和室の塗り壁のお話です。最近は、和室でもクロス貼りが多いですが、一昔前は、塗り壁が主流でした。塗り壁といっても仕上げにどの材料を使うかで種類が分かれます。たとえば、土を塗って仕上げたら『土壁』、漆喰を塗って仕上げたら『漆喰壁』などです。ちなみに、『聚楽壁』や『大津壁』などは『土壁』に分類されます。写真は、施工前の写真です。

image 材料も進化して、各メーカーから様々な種類の材料が販売されています。塗り壁のリフォームの注意点として、新しい塗り壁材を塗った事により、アクが表面に出て来ない様に下地処理をする必要性があります。下地処理をおごそかにすると、必ずアクが表面に現れたり、ひび割れを起こしてしまったりします。写真は、既存の塗り壁を削って落とした状態です。職人さんが丁寧に落としてくれました。

image 前述しましたように、たくさんの種類の中から今回、使用した材料は合成樹脂系の材料です。先輩社員がすでに自分の現場で使用して、評判が良かったと勧められチョイスしました。職人さんも一緒ですので、間違いはありません。写真は、施工直後です。塗った直後ですので、水っぽさもあり濃いですよね。

image 施工後、一日が経過し徐々に乾きつつあります。水気が抜けて薄い緑色に変わっていきます。クロス貼りも良いですが、塗り壁はやはり趣が違いますね。※見えている柱や長押などは、事前にアク抜きを施しています。

おたふく風邪

お疲れ様です。台風一過のせいで、今日は非常に暑かったですね。8月に入り、我が家の長男坊がおたふく風邪に感染。次は三男坊・・・ダブルでおたふくに感染して大変な目に合いました。妻は現在、妊娠中。おたふく風邪を経験していないので、すぐ実家に強制送還。3人の子供たちの世話の為、長期のお休みを取らせて頂き、会社にはご迷惑をお掛けしてしまいました。この場をお借りしてお詫びいたします。会社のお盆休みに入って二日目の12日。今度は、次女が発病・・・(泣)おたふく風邪3連チャン!!最高の夏休みです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、通称おたふく風邪、『急性耳下腺炎』ですが、お医者様に聞いたところ、唯一の治療方法は、隔離と安静。薬は痛み止めだけ。4日から5日の経過の後、腫れが収まり熱が無ければ完治だそうです。さらに驚いたのが、予防接種をしている人でも感染するし、幼少の頃に感染を経験している人でも、また、感染するそうです。30歳の時に感染して、非常に辛かった記憶が蘇ってきました。恐ろしい・・・何とか、子供たちは全員完治して元気になったので、妻を迎えに連絡を取ると・・・『顔と首の境がない!!』、『・・・?まさか?』そう、最後に妻に感染。昨日、慌てて病院へ。結果は『急性顎腺炎』いわゆる、おたふく風邪だそうです。何とか、高熱が出ないで納まっている様ですが、心配です。おたふく風邪、恐るべし!!

熱中症対策

image お疲れ様です。今日は、朝から湿度が高く、大変、蒸し暑い一日でした。ちょうど、1年前に施工をした現場が思い出されます。。蒸し暑い日が続く中、大工さんに天井や壁の造作をやってもらっている時でした。

image たまたま、風の通りがよく、時折、心地よい風が入ってきますが、やはり、作業中は暑いです。冬場では、現場の忙しさにもよりますが、忙しければ休憩も取らずに通しで作業が出来ますが、夏場はダメです。

image 写真の様に、ボードを貼り始めると、尚の事、暑いです。夏場は、こまめに水分補給をする様に、職人さんを指導します。時には、強制的に休憩です。だいたい10時・12時・15時と休憩を取りますが、気温によってはもっと細かく休憩を取る様に心がけています。万が一、熱中症で倒れても、お客様にご迷惑をお掛けしてしまいますから、夏場は、十分、対策を取る様にしています。

image 無事に、事故もなくお引渡しが出来ました。『こまめな休憩と水分補給!!』ご安全に!!

給湯器の故障?

image お疲れ様です。一足、早めの夏休みを頂いたので、ブログもお休みしてしまいました。夏休み中に数件、お客様から電話があり今日は、早速、その対応。1件目は、キッチンのリフォームをご検討中のお客様。L型独立キッチンを、I型の開放型にしたいとご相談され、施工までの流れや施工手順などをご説明しました。まだ、一度も商品を見たことが無いとおっしゃっていたので、各メーカーのショールームのご案内をして、今日は退散。2件目へ!!昔から、お世話になっている知人が、ラーメン屋を開業すると言う事で、プチ改修工事のご相談。開業に費用が掛かった為、改修工事をする費用が捻出できないので、安価な方法をご提案。打ち合わせ中、手を洗うためお湯を出そうとすると・・・蛇口をお湯側に切り替えると、『チョロチョロ』??給湯器が作動しないほど、お湯が出ない。何を勘違いしたのか、点検の為、水抜き栓を解放!!!元栓を閉め忘れ、びしょ濡れ。。結局、配管の詰まりを確認できたので、給湯器の故障では無いと判断。長期間、通水を行わないと不純物だったり、配管内のゴミの影響で詰まる事があります。皆様も、お気を付けてください。

漏水検査

image お疲れ様です。数日前のブログに掲載したとあるお寺の漏水検査に行ってきました。前回は、目で確認ができる範囲を、防水業者さんに同行して頂き検査をしてご報告をしましたが、今日は、朝から雨で漏水検査日和と言う事で、急きょ、現場に急行!!
以前の調査の際に、雨の日に・・・とお約束をしていたので、やっと、雨が降ってくれました。さて、本堂の中を拝見・・・写真はNGと言われたので、ボキャブラリーが無い私のコメントでご説明します。パッと見は、室内と言う事もありきれいなんですが、いたるところにクラックが見受けられました。室内は、コンクリート下地で仕上げは、塗装で仕上がっています。1か所、1か所ライトを当てて、水の跡を探しましたが、奇跡的にありませんでした。
防水業者さんと協議した結果、屋上に見られたクラックは、まだ、表面的な状態で保っているので、今のところ漏水は起きていないが、数年の期間で漏水する状態だと診断しました。
そもそも、防水とは室内への雨の進入を防ぐだけが目的ではありません。屋根部の防水も、壁面の防水も建築物の構造体を守る役目もあります。漏水を軽く考えてはダメです。構造体が腐食する様な事態になっては、それこそ、一大事です。大事なマイホームを守る為に、定期的な防水改修工事や塗装工事を是非、ご検討下さい。
※写真は、ひさし部分の漏水の様子です。

回顧録

image お疲れ様です。蒸し暑い日が続きますね!!そろそろ、梅雨明け?と九州地方から東海地方まで梅雨明け宣言されましたが、関東はもう少しの様ですね。昨年になりますが、物置として使用されていた洋室のリフォームをご紹介いたします。写真は、工事完了後の写真です。工事前は・・・

image 従来の押入れタイプでしたが、現代風に変更。押入れをそっくり解体して、クローゼットに変更。壁は、ベニヤの増し貼りを施し、クロス貼り。床は、フローリングの増し貼り。工期は約1週間です。是非、ご検討してみてください。

なかなか・・・

image お疲れ様です。これだけ蒸し暑いと、ジッとしているだけで、汗がにじみ出てきますね。幸か不幸か、現場も落ち着きているので、作業中の辛さはないですが挨拶まわりもなかなかシンドイです。そのなかなかって言葉・・・すみません。ブログの更新をネタ切れもあり、続けていませんでした。およそ、1週間ぶりです。そこで、今日は、私が営業している営業先の建物のお話です。

image 分かりますか?・・・実は、お寺の本堂の屋根です。平成6年ごろに雨漏れがすると言う事で、どこかの建設会社が、生コンまで流して防水工事をしたそうです。なぜ、生コン??と思いましたが、経年劣化もあり現在は・・・写真の様な有様です。

image この当時、素材がゴム製品しかなかったので、ゴムシートの防水になっていますが、寒暖を繰り返し月日がたった事によって、伸びてたわんじゃっています。現在、雨漏れしていないのが不思議なくらい。まとまった雨が降っていないからかもしれませんが、建築物の保全の為にも、やり頃です。尚、現在は、ウレタンシートの絶縁工法か圧着工法が主流です。

2級建築士学科試験

今日は、わたくし事のお話しです。。さる7月3日の日曜日に、2級建築士の学科試験に挑戦してきました。手ごたえは・・・ワタクシが苦手としている構造力学の分野が。。まぁ、結果は『神のみぞ知る!!』と言う事にしています。4ヶ月前に、受験を決めて勉学に励んできましたが、20数年前に学校で習った事をほぼ記憶にしていない事が判明。人の脳ミソって・・・。逆を言えば、余計な知識を忘れているので、建築法規など必要な情報が、すんなり頭に入ってきて良かった感じです。改めて勉強をする事の大切さを痛感した4ヶ月でした。人が住む空間を作るものとして、モノづくりだけに目を向けるのではなく、環境や安全にも配慮した施工管理者を目指さなければいけないと、今回の受験勉強を通じて感じました。この気持ちを忘れず、日々、精進していきたいと思います。

手ごわい現場!!

image お疲れ様です。今日は、涼しくて過ごしやすい一日でした。S様の貸家改修工事が終わり、指摘事項を処理しながら、ホームページにも掲載されているチラシを、現場周辺に配布!!あまりの気持ち良さに、散歩になってしまいました。。その最中、知人から一本の電話が・・・。店舗を住宅に変更したいから、現場を見てくれと!!

image 電話では、『6畳間が・・・』???店舗も想像していたより大きい、2階の倉庫は荒れに荒れ、これはかなり手ごわい。逆に、やりがいがあるってものです。1階駐車場・2階住居。秋頃に着工がお客様のご要望。お客様の予算と折り合える様に、これからプラン作成です。やらせて頂ける様に頑張ります。

S様貸家修繕工事完了

image お疲れ様です。一日、曇り空でしたが天気に恵まれ、無事に施工が完了しました。仕上げの塗装工事です。キリ除けの白い部分が塗装箇所です。

image パテ処理尾後、シーラーで下塗り、防カビ塗料2回塗りで仕上げます。ツヤがあるので余計に綺麗に見えます。

image テラスの構造体部分(柱・梁・中桟)もシーラーを入れて仕上げます。

image 仕上げると明るさが変わりますね。

image テラスも施工完了。いつも、丁寧に施工をして頂き、感謝です。ありがとうございました。

S様賃貸物件修繕工事

image お疲れ様です。午後から雨が止む予報を当てにして、職人さん方は、車で待機。今日を逃すと、施工が延びてしまう為無理して来てくださいました!キリ除けの板金巻きと壁に復旧がメイン。本日の作業です。

image 玄関脇のテラスの屋根材も貼り替えです。中桟も入れ替えます。

image 見た目以上に、中桟はボロボロでした。前日に、大工さんに加工してもらった材料に交換。

image キリ除けはこんな感じに・・・

image 壁の復旧です。

image 雨仕舞を考えて、以前より小さく収めました。壁材がキリ除けを囲むようになっています。塗装処理を施して完成です。

image テラスも完成。こちらも、露出部分を塗装して完成です。

S様貸家修繕工事

image お疲れ様です。本日は、お施主様が賃貸で貸している物件の部分修繕工事です。メインは、玄関上部のキリ除け!!だいぶ、傾いています。解体して分かったのですが、使用部材の強度と大きさのバランスが悪い為に、徐々に傾き、長い期間を経て水が回った様でした。

image 下地からやり替える為、壁も部分的に撤去です。案の定、雨仕舞されていません。

image 以前は、外壁材を撤去したら、内装材が丸見えだったのですが、新しく取り付けるキリ除けの強度も考えて、一度、構造用合板で捨て貼りをします。

image 今までは、通し柱や間柱だけで支えていましたが、今回は面で支えます。

image こんな感じです。キリ除けの姿になってきました。

image 今までは、薄ベニヤが貼られていましたが・・・今回は、ケイカル板12mmを貼りました。

image 最後に、透湿シートを防水テープで貼りつけて、雨仕舞をして完成。明日、天気次第ですが、板金屋さんです。

回想

image お疲れ様です。PCの中に保存されている施工写真を整理していたら、昨年、フルリフォームをしたY様邸の写真が出てきたので、少し、コメントを交えながら、ご紹介いたします。

image 築後、ご家族でお住まいになってお子様もそれぞれ独立されてから、長い期間、ご夫婦でお住まいになっているご自宅を、ご主人様が足の悪い奥様の為に、フルリフォームを決意され頂いたお仕事でした。1階は、天井も壁も床も全て改修。真夏の現場だったので、今でもよく思い出されます。格子状に見えるのは、新しい壁の下地を組んでいるところです。

image ボードを貼ると分かりやすいですよね。キッチンは、既存を残さないデザインで構築されました。

image 限られたスペースの中、扇風機を回しながら、大工さん頑張ってくれました。

image ガラッと現在風に生まれ変わりました。お客様に大変、喜んで頂けた記憶が蘇ってきます。回想、反省も含めて大事ですね。日々、精進・・・。

E様邸・・・施工完了

image お疲れ様です。元々、床の増し貼り工事の予定が、キッチンの交換、階段リフォーム、間仕切り壁の造作、クロスの貼り替え、最後にTV台収納庫の設置と振り返ると、まぁまぁなボリュームだった様な気がします。本日、収納庫を組立・設置をして完了しました。職人さんの都合もあり、少々長い工事期間となりましてが、無事に完了致しました。ありがとうございます。

来週の天気

image 今年は、はっきりしない梅雨ですね。来週から、完全な外作業・・・。天気が非常に気になります。傾いている玄関上のキリ除けの修繕を開始するのですが・・・職人さんが(泣)忙しすぎて、着工が微妙です。雨をこんなに望んだことはありません。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事☆仕上げ編☆

image お疲れ様です。今日は、リビングの天井・壁クロス貼り替えです。昨日、天井の段差解消の為、パテ処理を施して事前段取りをしていたので、ペーパー当てから開始。

image 天井は、平場(※開口部などが無い部分)なので、意外と早く終わります。新しい、LED照明も設置。明るくなりましたね。

image 貼りあがった面から、コンセントカバーの交換やカーテンレールの設置をしていきます。

image 完成です。部屋が明るくなって良かったと喜んで頂けてうれしかったです。最後に2階の洗面化粧台を交換して終わりです。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事☆浴室編⑤☆

image お疲れ様です。昨日、仕上げ工事の写真が不足して、1枚で終わってしまいました。すみません。今日は、洗面化粧台の取付です。設備屋さんがまたまた、登場。設備屋さん、既に下台の設置・・・早い。

image 施工時間、2時間程度・・・あっと言う間に設置完了です。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事☆浴室編④☆

image お疲れ様です。洗面室の天井・壁・床の仕上げ工事です。浴室をリフォームする場合、必ず浴室側の壁一面は、一緒にリフォームする場合があります。今回は、洗面室も一緒にとの事でしたので、全体のクロスと床CFの貼り替えとなります。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事☆浴室編③☆

image お疲れ様です。今日は、大工さんにドア廻りのUB枠の取付をして頂きました。お風呂の出入り口に、ぐるりと回っている樹脂製の白い枠材です。あの部分は、ユニット屋さんではなく、大工さんに取り付けて頂きます。廻りの壁の造作が、どうしても絡むので、大工さんにしか依頼できません。明日から、仕上げ工事です。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事☆浴室編②☆

image お疲れ様です。今日は、ユニットバスの組立日です。朝早くから、使用部材の梱包をばらして、段取り。早速、打ち合わせ通りに組立ていきます。職人さんとは、細かい納まりについて打ち合わせをして、あとは組みあがるのを待つのみです。

image 窓廻りもスッキリ、きれいに納まっています。施工時間は、およそ7時間程度。設備屋さんとの連係もうまく行ったので、意外にも早く終わりました。明日は、大工さんにドア枠廻りの壁の造作してもらいます。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事☆浴室編☆

image お疲れ様です。先週の1日からキッチンのリフォームを口火に、内装リフォームが始まりました。今回は、浴室です。今回の住宅の構造体は、2×4(ツーバイフォー)住宅です。壁構造ですので、安易に構造体はいじれません。既存のスペースに収まる、ユニットバスを組み立てます。

image 本日は、解体と給水管及び排水管の切り廻し、土間コンクリートの打設です。給排水だけは、ユニットの組立を実際に施工する職人さんと、図面を元に打ち合わせをします。その際、組立中に必要となってくる給水の接続時間も、併せて打ち合わせをします。明日は、土間養生の為、給湯器の交換です。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事・・・外装工事完了

image お疲れ様です。天候にも恵まれ、やっと足場を取れる日が来ました。土曜日と言う事もあって、静けさが広がる住宅街に、金属音が響き渡ります。ちょっと、気になります・・・

image 屋根は、カバー工法と言う事もあって、比較的短い工期で終わりましたが、外壁の塗装工事が意外と工期が掛かってしまいました。反省点は、作業時間が掛かる工程に、作業員が少なかった点です。工程の組み方をもう少し、煮詰めるべきでした。次回は、気を付けなければと反省をしております。月曜日から、浴室のリフォーム工事開始です。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事キッチン編②

image お疲れ様です。本日も晴天なりでしたね。今日は、待ちに待った新しいシステムキッチンの設置です。初めに、キッチンパネル貼りからです。

image 写真は、換気扇のダクト管をつないでいます。両サイドのキッチンパネルを貼ったら、吊戸・換気扇を設置します。

image 残りのキッチンパネルを貼って、やっと、下台の搬入です。

image 下台が設置されると、あっと言う間に出来上がった感じが出てきました。写真は、設備屋さんが、給水の接続を施工しています。

image 完成です。以前は、茶系でしたので、空間が暗い感じがしましたが、ずいぶんと明るく、開放的になりました。

E様邸・・・階段リフォーム工事

image お疲れ様です。今日も、気持ちの良い天気でしたね。今日は、先日、材料不足で残してしまった階段のリフォーム工事の続きです。写真は、前回撮影したものですが、今回の工事のやり方は、カバー工法。以前もご説明しましたね。写真の様に、決められた部材を既設の階段に貼っていきます。

image 工事期間は、約2日。増し貼りした床とも合ってますね。きれいに仕上がりました。是非、ご検討下さい。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事キッチン編①

image お疲れ様です。今日から、6月ですね。全く梅雨っぽくなく、心地の良い陽気が続いて、ありがたいです。さて、今日から、内装リフォームスタート!!最初は、キッチンからです。

image 解体工事・・・結構、早いです。解体・撤去だけですと、2時間弱で終わります。解体後に、給水の止水工事、排水管の切り廻しを施工して、次の工種に現場を渡します。

image だいたい、大工さんが入って、床や壁の下地を修繕しますが、今回は、床・壁共に修繕の必要が無いので、一日空きました。この予備日を取らないで、窮屈な工程にすると修繕箇所が発生した場合、対応が難しくなります。写真は、切り廻し工事中です。

E様邸・・・廊下の床のリフレッシュ工事

image お疲れ様です。梅雨かなと思いきや、何とか晴れ間がのぞく日々で助かっています。やはり、雨だと施工に差しさわりがあるので、晴れるに越した事はありません。今日は、廊下の床工事です。LDK同様に、フローリングの増し貼りです。

image 予め、材料の加工をしていたので、およそ2時間程度で作業は終わりました。増し貼りの利点は、施工期間が短い事。貼り替えでは、こんな短時間では終わりません。

I様邸・・・外装・内装工事「その⑦

image 本日は、あいにくの天気で作業中止です。施工日、28日(土)のご報告です。前回から2日程、作業工程が進んでいます。写真は、中塗り(白)の施工状況です。仕上げ色は、グレーです。

image ちょっと、写真では分かりずらいですが、下塗りの完了状況です。

image 上塗り(グレー色)施工中です。違い・・・分かりづらいですね。

image 軒天の色が、白系。共に仕上がっています。残すは、雨樋と破風です。

E様邸・・・LDK間仕切り造作工事

image 間仕切りというのは、システムキッチンに交換した事によって、冷蔵庫の配置場所が変わったので、冷蔵庫の背中を隠す為の壁の造作です。いかに既存を傷付けずにある程度の強度を出すか・・・大変です。

image あれよあれよという間に、出来てきました。材料は、45×45を使用。両側に12mmの構造用合板を使用。天井に下地が無いので、細工をして固定しました。

image 冷蔵庫横に、新たに設置される、家電収納用の配線工事を、突貫で電気屋さんに依頼。

image 後は、クロス貼りのみ。これまた、緊急依頼で今日中です。

image 完成~!!本当に、協力業者様にはいつも感謝です。お客様にも喜んでいただけたので、安堵しました。

E様邸・・・階段リフォーム

image 何とか、2日間でキッチンリフォームを収めたので、本来の工程に戻り、今日は階段リフォームです。

image 階段リフォーム・・・今回は、リフォーム階段と呼ばれる材料を使用します。以前、屋根でお話ししたカバー工法。まるっきり一緒です。既存の階段に、下地材を貼ってカバーしていきます。

image 徐々に、新しい姿が出てきました。今回、使用した材料は、LIXIL製です。

image こんな感じに仕上がります。施工日数もだいたい2日ぐらいでできます。※側板の天端の加工が残っています。

E様邸・・・床工事改めキッチンリフォーム工事

image なんとか、設備屋さんにバトンタッチです。※すったもんだありましたが・・・

image まだ、大工さんがキッチンパネルの下地を作ってます。お互いに、声を掛けながら、手伝いながら、お客様とのお約束の工程を守ります。

image 何とか、キッチンの据付が出来ました。フローリングの増し貼りも完了!!あとは、間仕切り壁の造作です。

E様邸・・・LDK床増し貼り工事・階段リフォーム工事

image 今日から、フローリング増し貼り工事・・・だけのはずが、キッチンの排水が漏れていたお蔭で、床がかなりの腐食。かろうじて、根太材はセーフでしたが、床板はボロボロでした。

image 外したキッチンの下台を確認すると・・・長い期間、水を吸ってしまったのか、下台も腐食。。急きょ、段取りを変更して、現場で打ち合わせです。キッチンの下台・・・どうしましょう??

image 偶然にも、当社のショールームにあったシステムキッチンがピッタリ納まると言う事で、方向性が決まりました。この間、2時間程度。大工さんは、床の補修をしながら打ち合わせ。新たに、壁の補修と新しい間仕切りが、追加となり焦ってます。今回は、大工さんのスピードにかかっています。他業種さんの都合もあるので、日にちがありません。今夜は、お客様にお願いして、ちょっぴり残業です。

I様邸・・・内装・外装工事その⑥

image お疲れ様です。今日の作業内容は、養生及びコーキング増し打ちです。

image 写真上下共に、サッシ廻りのコーキングの様子ですが、基本的に養生のやり方は、写真の様にサッシ全体を包む様に養生をします。塗装工事の中で、一番重要で一番、時間を掛けなければいけない工程です。明日も引き続きです。

I様邸・・・外装・内装工事その⑤塗装編

image 暑い!今日は、暑かったです。今日は、建物を丸洗いにはもって来いの天気でした。今日から、塗装工事に入ります。初めに高圧洗浄をして、外壁などの汚れを落とします。

image 綺麗になってますが・・・きれいになったお蔭で、経年劣化している部分が出てきました。

image サッシ廻りのコーキングなど、ヒビが入っています。これを今回は、コーキングの増し打ちで改修いたします。明日は、養生とコーキング作業になります。

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事その④

image お疲れ様です。日差しは強いのですが、少々、風が冷たい日でした。先週、屋根工事が予定通り早く終わりました。やはり、カバー工法は施工期間が短いです。職人さんも3名体制で日々、施工していたのでより早く感じました。

image 棟板金もスッキリと納まっています。厳しい親方が細かいところまで目を光らせてくれています。

image 玄関上部の下屋になります。下屋は、壁際に既存の板金が巻き込んであるので、親方自ら、加工・取付けをしてくれました。

image バルコニー下の雨樋の交換も、部材を見つけてくれたので、交換で済みました。部材が無ければ天井を部分解体するところでしたが・・・助かりました。いつも、職人さんの方々のご協力があって現場は成り立っています。細かい事から親身になって相談に乗って頂けるお蔭で、私はお客様に良いご報告が出来ます。感謝、感謝です。次は、外壁塗装工事です。ご安全に!!

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事その③

image お疲れ様です。昨日に引き続き、屋根工事(カバー工法)です。もう、片面はほぼ終わりです。次は、反対側です。

image 余所で、打ち合わせをしている間に・・・反対側も棟部分を残して終わってました。。やはり、平場は貼りだすと早いです。

image いよいよ、棟板金の加工です。棟を形成する為、下地材として木材を流します。

image 防水ルーフィングを貼って、下地材を保護します。

image 棟板金を流すため、あらかじめ、弊害になる部分を加工します。

image 後は、棟板金を流します。

image 写真は、反対側ですが・・・最後に先端を加工・裁断して形成したら完成です。材料は、各メーカーから裁断・加工されて納品されますが、最終的には、既存に合わせて細かい部分は、職人さんの技術が物を言います。いつも、丁寧に施工して頂き感謝です。明日は、下屋と細かい部分の手直しです。ご安全に!!

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事その②

image お疲れ様です。久しぶりの晴天で気持ちの良い一日でした。気温が高く、少々、暑かったですが・・・さて、今日から屋根の工事です。今回は、カバー工法と言う施工です。施工写真で順を追ってご説明いたします。着工前、あまりの気持ち良さに、屋根からの風景を取ってしまいました。それでは・・・

image 同じ面の画像を掲載していきますので、より作業手順がご理解出来ると思います。まず、施工前です。

image 棟板金を部分撤去して、ながれ方向に防水ルーフィングを貼り、ケラバと呼ばれる板金を取り付けていきます。

image こんな感じです。

image 次は、横方向に防水ルーフィングを貼っていきます。

image 新しい屋根材(ガルバニウム鋼板)を。ステンレス釘で止めていきます。一列、貼った感じですが・・・後はこの作業を繰り返していきます。

image だいぶ、進みました。ほぼ一面がもうすぐ完了です。今回のカバー工法の利点は、既存の屋根材の廃材(撤去したもの)が出ない事です。その分、撤去費用がないので、施工費が大幅に下がります。また、工期も短く済みますので、おすすめの工法ではあります。明日も引き続き、屋根工事です。ご安全に!!

I様邸・・・外装・内装リフォーム工事その①

image ご無沙汰しております。ゴールデンウィークで、私もお休みを頂いておりました。久しぶりのブログ更新となってしまいました。連休前に段取りをしていた、I様邸の外装リフォームの始まりです。連休明けはいつになく緊張します。

image 今日は、外装リフォームに分類される、屋根工事と外壁塗装工事の足場を組み立てます。屋根は、既存の屋根材(コロニアル)の上から、ガルバニウム鋼板を葺くカバー工法。外壁塗装は、既存色併せのウレタン塗装です。足場業者さんが事前打ち合わせの通り、組立の段取りをしています。

image 養生ネットを貼って、完成です。ここまで、約5時間程度。養生ネットもびっと貼ってくれて、見た目もキレイです。今晩から外装リフォーム工事が終わるまで、天気と相談です。ご安全に!!

N様邸・トイレのリフォーム工事

image 今日は、朝から初夏の様な気温で風が心地よい一日でした。昨日から、N様邸にてトイレのリフォーム工事を実施しています。写真は、1階のトイレですが2階のトイレも併せて交換です。

image 最初に、クロス屋さんが収納棚の扉のダイノックシートの貼り替えをします。経年劣化で、剥がれていた様です。本来なら、ダイノックシート貼りの専門職に依頼するのですが、この程度なら当社指定のクロス屋さんでもバッチリです。

image 貼り始め、扉の角の納まりで悩んでいたようですが・・・バッチリきれいに納まっています。翌日の段取りの為、既存のクロスを剥がして一日目の作業は完了です。

image 笑いながら、顔出しNGと言われたので、床のCFを剥がしているところをパシリ。廻りのクロスは終わっています。

image 完成です。時間にして2時間30分程度。設備屋さんとの連係もバッチリ。早いです。

施工中、ご近所の方から『非常時にトイレのタンク内の水は飲めるのか?』と聞かれました。そこで、メーカーのH.Pなどで調べてみました。答えは、『水道水ではありますが、衛生上の観点から飲用はおすすめできません。』と記載がありました。タンク内をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、カビや水垢でタンク内は非常に汚れています。非常時で緊急性があっても、直接、飲むのは控えた方がよさそうです。

K様邸・・・屋根・外壁塗装工事その⑤

image お疲れ様です。先週の土曜日に足場を取りました!!完成です。その前に、屋根の塗装状況のご報告です。今回の材料は、シリコン系の塗料を使用しています。耐用年数ですが、主流のウレタン系よりも4年~5年長いとされています。

image 今回は、私の判断でタスペーサーを使用しませんでした。このタスペーサーは、コロニアルなど薄い平板の屋根材に使用します。経年で屋根材どうしがくっついている場合や、一度でも屋根塗装をしている場合など、屋根材がくっついている場合に、縁を切る為に使用します。縁を切る事によって屋根材の通気を取り戻します。今回は、コロニアルに十分な隙間があり、タスペーサーが機能しないと判断しました。

image いよいよ、足場の解体です。作業前に職人さんに、転落・落下災害と物損災害の注意喚起をして作業開始です。どんな作業も、開始10分~15分が一番危険タイムなんです。職人さんとコミュニケーションを取りながら、作業が進みます。

image 完成です。工期は約10日間。工事期間中、雨風にさらされましたが、無事、完成いたしました。ありがとうございました。

H様邸・・・浴室・洗面室リフォーム工事その⑥

image お疲れ様です。H様、お待たせ致しました。今回は、洗面室の拡張工事もあったので、施工期間10日間と浴室のリフォーム工事にしては掛かりました。工事期間中は、大変、お世話になりました。ありがとうございました。

H様邸・・・浴室・洗面室リフォーム工事その⑤

image お疲れ様です。本日は、待ちに待った内装仕上げ工事です。先週の大工さんの施工で、下地は完全に出来上がっていますので、初めに下地処理からです。

image 引き戸の戸袋部分だけは、クロス屋さんに総パテ打ちを施工して頂きます。

image パテを打つと表面がサラサラになります。この処理を施すことで、下地の不陸やジョイントなどが目立たなくなります。

image 写真は、クロス屋さんが一生懸命床のCFを貼っていますが、引き戸の戸袋の中もきれいになりました。

image 明日、洗面化粧台と洗濯用水栓金具を取り付けたら、完了です。

K様邸・・・屋根・外壁塗装工事その④

image お疲れ様です。今日は、外壁の塗装に着手です。クリアー塗装なので、塗装したのかどうか大変分かりづらいですが、塗装した箇所はツヤが出ています。ここ最近、現場を行ったり来たりのお蔭で、シャッターチャンスを逃していますが、写真は中塗りの施工状況です。

image だいぶ、寄って撮影をしましたが、ツヤが出ている感じ・・・わかりづらいですね。

image 養生をバッチリやって、二人作業で工程を取り戻してくれています。日曜日の雨風の影響で、養生にだいぶ時間が取られてしまいました。写真は、上塗りの状況です。

image 現場の資材置き場に目をやると、電子量りが!!目分量じゃなくちゃんと配合通りに塗料を作ってくれています。

image 明日の段取りです。明日は、屋根を仕上げます。事前に私がチェックしたコロニアルのひび割れ箇所の補修です。

H様邸・・・浴室・洗面室リフォーム工事その④

image お疲れ様です。先週の土曜日(4/16)に施工しました洗面室の造作工事のご報告です。正面の窓の上、天井などをこれから大工さんに造作して頂きます。

image 既存の壁は、京壁と言われる塗り壁です。レトロ感があるので一部のマニアの方には好まれているそうです。今回は、現在主流のクロス仕上げにする為、既存の壁をふさぎます。イメージ的に、狭くなる感覚を抱かれると思いますが、およそ3cm程しか手前にきません。また、強度が増すと思われる方もたまにいらっしゃいますが、構造体(柱・梁)を改修しているわけではないので、強度は一切関係ありません。あくまで意匠的な改修工事になります。残すは、クロス貼りのみです。

K様邸・・・屋根・外壁工事その③

image 昨日の朝、窓を開けると大木が風によってとんでもなくなびいているのが目に入りました。慌てて、支度をしてK様邸へ!!足場の養生ネットが貼ってあるせいで、案の定、尋常ではない足場の揺れ方。すぐさま、足場の点検をしながら、養生ネットを束ねました。事なきを得て、今日は破風と軒天の塗装です。その前に、足場の養生ネットの復旧と塗装ヶ所の養生です。ほぼ一日掛かり・・・一日ロスです。それでも、何とか塗れました!!

image 同系色なのでわかりずらいですが、ちゃんと塗装しています。

image やはり、昨日の風のパワーは強烈でした。近隣の建物の棟板金が捲れてます!!お知らせに伺ったら、ご存知の様で音がすごかったとおっしゃっていました。

image 明日から、壁の塗装が始まります。今回は、クリアー塗装なので色は反映されません。

H様邸・・・浴室・洗面室リフォーム工事その③

image お次は、H様邸です。本日はユニットバスの組立。組立位置・高さなど、職人さんと最終確認。問題が無いことをお互いに確認して、作業開始です。

image ユニットバスの洗い場にあたる部分の下地材の設置完了。毎度の事ですが、慣れているだけあって、早いです。

image あっと言う間に、洗い場の養生です。段ボールの養生の下は、もう、洗い場の床です。手前に湯船が入ります。

image ここまでで、午前中作業です。後は、仕上げ作業。サッシ廻りの加工などが残っています。

image 現場を行ったり来たりしている間に・・・加工取付が終わりコーキング作業になっていました。

image いつもより早く出来上がりました。明日、大工さんによって洗面室の天井や壁が出来上がります。完成まであと少し!!今日も、安全作業ありがとうございました。

K様邸・・・屋根・外壁塗装工事その②

image お疲れ様です。今日は、2現場のご報告!!初めに、K様邸の塗装工事の様子から!!作業前に念入りに、養生作業開始・・・ん?親方に呼ばれ足場に登ると!!!各換気のベンドキャップがスポッと抜けるではありませんか!!!経年劣化などの問題ではなく、接着剤が・・・・ついていませんでした。営業担当にすぐ報告して、最後の仕上げ時に直すことになりました。

image 養生の続きです。今日は、養生で終わりそうです。それぐらい、念入りに養生をします。

image 職人さんが養生をしている間に、屋根の点検です。クラックや棟板金のめくれなどを見て廻り、テープで印をしていきます。

image なんとか、15時過ぎにはコーキング目地の増し打ちに取り掛かる事が出来ました。明日も、引き続きコーキング打ちから始めます。

image 当社のキャラクター入りのシートも貼り終え、明日から作業が本格化します。

H様邸・・・浴室・洗面室リフォーム工事その②

image お疲れ様です。今日も引き続きH様邸の浴室・洗面室リフォーム工事の続きです。明日の天気が雨予報との事だったので、大工さんに無理を言って、一日前倒しで本日現場に入って頂きました!写真は、昨日コンクリートを打設した状況です。

image 大工さん、ありがとうございます。今日も曇り空なので、天気との戦いです。

image 大工さんは主に、写真の洗面室の床工事と間仕切りの下地組が今日の仕事です。

image 材料を段取りしている間に、コンパネを貼られてしまいました!手前に見える柱や土台も新しく取付けたものです。

image 断面を確認・・・ちゃんと、断熱材も防蟻塗布もされています。私が一番、信頼している大工さんです。作業完了直前に雨が降り始めたので、本日はここまで!!明日は、工程を前倒ししたお蔭で、現場はお休みです。

H様邸・・・浴室と洗面室リフォーム工事開始

image お疲れ様です。今日は、K様邸の屋根・外壁の高圧洗浄を営業担当者にお任せして、私はH様邸の浴室と洗面室リフォーム工事の立ち合いです。写真は現場調査時のものです。

image 解体が始まりました。ここまで、2時間程度。今回の浴槽は、浴室の床(土間)に埋め込まれていないので、接続されている配管を撤去してしまえば、取れるので短時間で済みました。土間に埋め込まれているタイプですと、斫って取り出すので、かなり時間がかかります。

image 土間の斫り完了。これから高さ(レベル)調整をして、コンクリートの打設です。右にメッシュの様なものが写っていますが、ワイヤーメッシュ(2.6mm)と呼ばれ、鉄筋の代用品です。主にそれほど強度を必要としない土間に入れます。入れる事によって、ひび割れなどを防ぎ、コンクリート無垢の状態よりも強度が増します。

image 以前、お話ししましたが・・・生コンは職人さんが現場で作ります。つづきは、また、明日です。・・・

K様邸 屋根・外壁塗装工事の始まり

image 今週もはじまりました。お疲れ様です。今日から、K様邸にて外装リフォーム工事が始まりました。屋根の塗装及び部分補修と外壁の塗装が主な内容です。

image 今日は、足場の組立作業を施工しました。作業手順は事前に打ち合わせをしました。お客様のご要望通り、車庫が工事期間中も使える様に足場を組み立てます。まず、間配りです。使用する部材を一定の間隔で、配置して段取りをします。なんだか、急に雨が・・・

image 雨にも負けず、職人さんががんばってくれたので、次第に太陽も戻ってきました。後、少しで、組立の完成です。

image 最後は、養生ネットを張り巡らせて完了です。念入りに塗装の職人さんになったつもりで、足場の点検を実施。若干、距離があるところを是正してもらってOK!!いよいよ明日から、塗装業者さんが入りお家をまるごと、高圧洗浄です。

来週から始まる現場の段取りです

今日は、あいにくの雨ですね。ラジオでも頻繁に『花散らしの雨』と言ってましたが、桜・・・散っていますね。『花散らし』と言う言葉、実は『花荒らし』が正しい様です。『花散らし』はあまり良い言葉ではない様です。さて、私は、月曜日と火曜日、入学式や入園式などでお休みを頂いてしまいましたので、昨日から次回の現場の段取りをしています。来週の月曜日から、足場を組んで、塗装工事が始まり、火曜日からはお風呂のリフォーム工事が始まります。忙しいのは本当にありがたい事です。安全に十分注意して、お引き渡しまで気を抜かぬ様に頑張ります。また、ブログで進捗状況をご報告いたします。

排水パイプの通気改善の方法

image お疲れ様です。先日、お話しをしました『排水パイプからゴボゴボと音がなる』の改善方法をご紹介いたします。実は、本日、設備屋さんに施工して頂きました。
写真に写っているのは、『ドルゴ通気弁』と言います。実はこの商品、1973年スイスのドルゴ社と言う会社が開発したものです。もともとは、ドルゴ社があるストックホルムは、寒冷地で排水管が凍結して詰まってしまう事が問題だったそうです。これを、解消するためにこの弁を開発したのが始まりだそうです。改良を加えて、一般の住宅にも使える様に開発されたそうです。仕組みは、水が排水管を通ると、上部のキャップが上昇して空気を取り入れ、排水が完了するとまた弁が閉じて、臭気を防ぐ仕組みになっています。
この弁が、適度に空気を取り入れる事によって、通気の悪さを解消します。写真の様に、キッチンのシンク下にすっぽりと収まる商品です。通期の悪さを解消する方法の一つのご紹介でした。

排水管からゴボゴボと音が・・・?

image おはようございます。昨日、今日と工程の都合上ポツンと現場が空いてしまったので、以前、キッチンを交換されたお客様からご相談された件のお話しをさせて頂きます。
御引渡しが終わった夕方に、お客様から『排水管からゴボゴボと音が・・・』とご連絡を頂きました。この音の原因ですが、排水管内部の『通気』が原因です。音の発生源は、排水管についているトラップです。トラップの中に水が入っていますがこの水の事を封水と言い、臭気を抑えたり、虫の進入を防いだりする為のものですが、これが、いくつかの条件が整うと、トラップの破封現象が起こります。まさに、これが音の原因です。ですから、配管内が詰まる前兆というお話は都市伝説なんですね。
万が一、ゴボゴボと音が聞こえたら、配管が詰まったと思わないでください。それは『通気』が悪い事が原因ですので、専門業者にご相談してください。
※写真は、このお話とは関係がございません(汗)

w様邸トイレ交換工事

image お疲れ様です。今日はW様邸にて残工事として残っていた、トイレの交換工事です。写真は、既存(1階)のものです。

image 2階のトイレ既存です。

image 今回は、トイレ交換に伴って、床のCF(クッションフロア)の貼り替えを同時に施工しています。設備屋さんとクロス屋さんが相番で作業します。※相番とは~メイン工事に関わる業種が立ち合い、施工する事。

image 既存便器撤去に30分程度、CF貼り施工に30分程度、新品便器取付に1時間程度で1階の施工完了です。

image 2階も同様に施工・・・完了です。

マジック!!

image お疲れ様です。今日は、表題の通り熟練の職人さんのマジック!!をご紹介します。手品ではありません。床のキズの補修です。写真中央のキズが・・・

image 傷ついて凹んでいる中を彫刻刀で削ります。

image 道具はこんな感じです。これから絵を書く感じですよね(笑)七つ道具だそうです。

image ハンダこてで、調色します。

image あとは、調色しながら埋めていきます。この調色の仕方がうまいです。

image わかりますか?目を凝らして、間近で見ると分かりますがほとんどわかりません。さすがプロです。

A様邸にて浴室リフォーム工事その④

image お疲れ様です。いよいよ、仕上げ工事です。クロスを貼って御引渡しになります。ベニヤのジョイント部分やビスの頭などにパテをやって下地調整を行います。

image 洗面室の撮影ポイントが限られていますので、写真が飛んでしまいました。半分以上、終わってます。

image きれいに仕上がりました。既存の天井もきれいでしたので、違和感がありません。

image 作業期間、6日間で完了でした。特に大きな問題もなく作業が終わりホットしています。作業期間中、お世話になりました。ありがとうございました。

A様邸にて浴室リフォーム工事 その④

image お疲れ様です。本日の作業は、大工さんによる浴室側の壁の造作です。

image 事前に寸法を取って、木材を加工してあったので本日は取付け作業になります。早いです。(ここまで1時間程度・・・)

image 今までは、5.5mmのベニヤを貼ってありましたが、今回は、12mmのベニヤに変更して貼ってあります。後は、枠材を取り付けます。枠材を取り付けたら、次はクロス貼りです。

A様邸にて浴室リフォーム工事その③

image お疲れ様です。今日は、心地よい天気で気持ち良く施工がはかどりました!今日の作業は、A様邸にてユニットバスの設置です。写真が若干、飛んでいますが、朝一番で部材の荷卸しをしながら、梱包を手際よくばらして段どりです。そして、排水の結びを終えて、写真の工程です。

image 排水管のつなぎが完了したら、ユニットバスの床材を設置。パーツが大きいので、瞬間で土間部分が隠れていきます。職人さんが立っている場所に、浴槽が設置されます。

image あっと言う間に、浴槽の設置が完了!!すでに壁も立ち上がっています。写真で、工程を追いかけていると簡単に見えますが、実は大変。ですが、さすがは組立のプロ!!説明書も見ないでスイスイやってしまいます。

image 8割程度、完了・・・細かいパーツの取付けを行い、コーキング打設をして完成です。次回、完成を披露致します!明日は、大工さんによる壁の造作です。

この配管・・・

image お疲れ様です。今日は、給湯器の交換を施工しました。給湯器の交換に伴って、既設給水管も劣化が激しかったので、部分交換を致しました。ひと通り、施工が終わり通水試験・・・交換した給水配管から、ポタポタと水漏れが見つかりました。写真では、分かりずらいとおもいますが。交換したエルボー(90度に曲がっている配管)と既設の配管のつなぎのところです。

image つなぎのところにわずかな隙間がある為に、漏れていたみたいです。既設の給水管があまりにも古かったのか、接着の状態が良くなかった様です。お客様にご説明を申し上げ、壁を若干壊して壁の中から交換です。

image 給水管を取り替えようと作業を進めていると、ビックリ!!なんと、給湯配管のエルボーがなんと、給水配管用ではありませんか!!今までよくぞ漏水しませんでした。本来、給水配管には、『HI管・濃紺』給湯配管には、『HT管・赤茶』を使用します。写真のエルボーから下の管は、『HT管・赤茶』を使っていますよね!なぜ、こうしたのかは分かりませんが、間違いです。

image 給水配管の交換になって、幸いでした。設備屋さんにその場で依頼して、すぐ交換。(いつも、いろいろな材料を持っていてくれるので助かります。)これで、給水・給湯ともに漏水の心配はありません。やはり、施工一つ一つ、手を抜いてはダメだと実感した一日でした。明日は、ユニットバスの組立と洗面化粧台・トイレの設置です。

A様邸にて浴室リフォーム工事 その②

image お疲れ様です。今日は、気持ちの良い天気でした。さて、今日の施工は、昨日ご報告いたしました残った作業、『生コン』打設です。写真は、打設完了後です。

在来浴室の土間の『生コン』と聞いて、皆様のご想像はどんな感じでしょうか?コンクリートの打設と言えば、コンクリートミキサー車をご想像されると思いますが、手練りでコンクリートを現場で作る方法もあります。通常、私たちの現場で、コンクリートの打設を必要とするのは、在来風呂の土間コンクリート打設です。1㎥(1m×1m×1m)を手練りで作るとなると大仕事ですのでミキサー車の手配を検討しますが、0.3㎥程度(1.65m×1.65m×10cm(上の写真))でしたら、現場で生コンを作ります。それでも、腰にきますが・・・、まぁ、腰に今きてます。明日は、大工さんに新しい壁の下地を造作してもらいます。

A様邸にて浴室リフォーム工事開始

image お疲れ様です。今日は、雨のせいか一段と気温が低く、寒い一日でした。雨で寒いとは言え現場はやります。工程が狂ってお客様にご迷惑をお掛けしてしまうので、施工開始。月曜日開始の現場でしたので、ちょっと早めの段取りです。写真は浴室から玄関まで、養生をした様子です。いつも、こんな感じです。可能な限り作業場所周辺は、ガッチリ養生します。

image 解体前はこんな感じの浴室です!

image 解体を進めると・・・こんな感じ!まだまだ、先は長い。

image 湯船を取り出し、搬出!今回は、ステンレスの湯船でした。

image もう少し。これから、必要な深さまで掘り下げます。ですが、タイムアウトです。予定していたコンクリート打設までいけませんでした。思いのほか、土間コンクリートの厚みがあり、ハツリ作業が進まなかったのです。土間コンクリートの厚みだけは、正直、解体を進めないと分からないです。事前にお客様に、営業担当者が説明をしてくれていたお蔭で、半日の工程の遅れを許しを得ましたので、明日、引き続きの施工となりました。

マンションの洗面化粧台の交換

image お疲れ様です。今日は、あいにくの曇り空ですが、作業はしやすい一日でした。さて、今日は、先日施工をしました、N様邸の洗面化粧台の交換をした際に起きたハプニング?をお話しします。写真の洗面化粧台の交換の為、解体を始めました。すると、洗面化粧台の下台を撤去すると・・・床がありません。どうやら、このタイプのマンションにはよくある事らしいのですが、先に洗面化粧台を設置してから洗面室の床を仕上げる事が判明。

image 写真を掲載したかったのですが・・・すみません(汗)作業に夢中で撮り忘れました。(施工後の写真になります)写真でもわかる様に、今回の洗面化粧台は、洗面化粧台と収納と別れています。床が無いと設置できません。焦りましたが、設備屋さんと大工さんが機転を利かしてくれたお蔭で、工程を守る事が出来ました。もっと、現調の時に確認しなければと勉強になった現場でした。お恥ずかしい限りです。

扉の開口寸法に気を付けて!!

image お疲れ様です。今日は、ユニットバス交換の際に気を付けたい点の中から・・・
タイトルにもありました、ユニットバスのドア開口についてです。写真をご覧ください。一般的なユニットバスです。

image 様々な理由で、リフォームするなら今より出入り口を広くしようと検討されます。そこで、注意したいのが、壁の中に隠れてる『柱』です。添付した写真は、解体後です。開口の左側に見えるのが『柱』です。これは『管柱』といって、上の階の床を受ける為の構造体になります。現在の寸法が70cm、新しい寸法が80cm・・・10cm狭いです。ここで、大工さんをまじえて協議です。すると・・・

image 『管柱』の木材寸法は、10.5cm×10.5cmです。まったく同じ材料を用意して、既存の『管柱』に抱かせます。梁と土台に接合したのち、既存の柱を新しい寸法に必要な分だけ割きます。最後は、既存の柱と新しい柱を密着させて、開口下地の完成です。
この様に、移動出来る場合は良いですが、どうにもこうにも移動出来ないとなると、現場でパニックになります。『柱』・・・曲者です。

キッチンの交換で注意したい事!!

陽気はすっかり春!気温もぽっかぽかで気持ちいいですね。本日も、気持ちよく作業が出来ました。さて、本日もキッチンの交換をやっていますが、今日はキッチンの交換の時に是非、注意してほしい事!!を掲載したいと思います。

image 写真は、キッチン解体後です。天井と床にうっすらと既存のキッチン跡があるのがお分かりでしょうか?

image 今度、取り付けるキッチンの吊戸の奥行は、今までついていた吊戸の奥行きと一緒です。

image しかし、下台は・・・既存よりも若干、大きくなっています。

今回は、天井のクロスを全面貼り替えをします。また、下台は既存のキッチンより大きくなっていますので、偶然にも仕上がりを気にしなくて済んでいます。是非、注意をして頂きたいのは、既存のキッチンの寸法と新しいキッチンの寸法です。我々も、たまに見落として、新しい吊戸が数センチ、数ミリ小さくなった為に、クロスなどの仕上げの施工を余儀なくされた事も、多々あります。細かい事かもしれませんが、結構、重要な事なんですね。

お待たせいたしました!!

image 今日も雲一つない青空の中、無事に現場を収める事が出来ました!!本日は、お客様が待ちに待った、システムキッチンの据付けです。写真は2月の中旬に、お客様からご連絡を頂き、ご訪問した時のものです。
※ブログの構成上、1枚しか掲載していません。

ご訪問した時、既にキッチンは解体されており、床も一部解体されていました。実は・・・キッチンの排水パイプが詰まって、排水がオーバーフローして一面水浸しになった為、ご主人様がご自分で修理を試みたそうです。。排水管も床下の地中に埋設されて、少し大掛かりになりそうだと言うことで、急きょ、ご連絡を頂いた次第です。工事内容は、キッチン排水管交換・外部集水桝交換・台所の床貼り替え・キッチン交換となった訳ですが、表題のお待たせしましたの意味は・・・キッチンを含む住設は、発注をしてから納期がある程度(1週間~2週間程度)必要とされる為、すぐに取付けが難しい為、即日復旧が出来なかった!と言う意味です。こればかりは、ワタクシの力ではどうにもなりません。

image 約14日間の時を掛けて、本日、無事にキッチンを据付させて頂きました。キッチンが無い期間、お客様にご不便をお掛けしました。すみませんでした!!また、施工期間中、大変、お世話になりました。ありがとうございました。

H様邸 セクショナルキッチン交換工事

image 本日は、H様邸のセクショナルキッチンの交換にお伺いしました。セクショナルキッチン・・・???聞きなれない方もいらっしゃると思いますが、簡単にご説明しますと、キッチンの天板がコンロまで一体になっていて、段差がないものがいわゆるシステムキッチン、セクショナルキッチンは、シンクとコンロが別々に天板がある物の事をさします。施工前の写真を見て頂くと一目瞭然!!

image セクショナルキッチンの交換のみですので、慎重に取り外していきます。写真の中にある水栓がついている天板を傷つけずに、何とか解体出来ました。これから、下地処理を施して取付けを行います。

image いつも、取付けの際に注意しているのは、既存の天井や床・壁の水平(レベル)です。写真の様に、レーザーレベルを当てて水平の確認を行います。まず、やらない業者はいないと思いますが・・・重要です。

image レーザーで確認をして、取付位置が決まったので、やっと取付けができます。写真の様に隙間がある場合は、既存の天井が波打っていたり、どちらかに傾斜があったりする場合です。扉の開閉を考慮して調整した証です。

image 下台も設置して、あとは細かな作業をやって完成です。写真は、扉の調整をしています。

image ハプニングもなく無事に完成致しました。今回は、天井にキッチンパネルを部分貼りしたりと、細かな作業がありましたが、丁寧に施工して頂きました!!毎度、毎度、感謝です。

回想1

image 昨年、担当した現場の中から、解体してビックリと言うか参ったなぁという事例をご紹介します。リフォーム内容は、トイレの設備と内装全般のリフォームです。建具もドアから引き戸に変更です。

このトイレを解体すると・・・

image なんと、引き戸を設置する壁の中に、2階洗面化粧台の排水管が・・・

これでは、お客様のご希望通りの施工が出来ません。急きょ、段どりを変更して排水管の移設を行います。

image 移設後の写真です。

image この様に、まさかのプチハプニングが起こるのもリフォーム現場ならではです。プチハプニングが起きても、心強い協力業者さんのおかげで、いつも乗り越えています。そうやって、完成したトイレ。ハプニングがあったおかげで、私の記憶にいつまでも残るトイレとなりました。

明日の現場はキッチン交換です。ハプニング、ありません様に。

今日から!!

はじめまして。現場監督の牛尾です。
今日から、当社のホームページのブログを担当させて頂く事になりました。
施工現場での様子や当社ならではの施工方法など、写真と共に掲載致します。
また、リフォームをする際に注意したい点などの情報もあわせて掲載します
ので、リフォームをご検討されている皆様のお役に立てて頂ければ幸いです。